YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

地図

十勝岳・富良野岳・美瑛岳

十勝岳・富良野岳・美瑛岳

  • 標高
    2,077m
  • 所在地
    北海道
  • 位置
    北緯43度25分05秒, 東経142度41分11秒
  • 山系
    石狩山地(十勝岳連峰)
  • 種類
    成層火山・活火山(ランクA)・火山群
出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

十勝岳(とかちだけ)は、北海道の中央部の上川管内の美瑛町・上富良野町、十勝管内の新得町にまたがる標高2,077mの活火山。大雪山国立公園内の十勝岳連峰(十勝火山群)の主峰である。日本百名山及び花の百名山に選定されている。

【概要】
十勝川(トカプチ)の源流であることが、山名の由来とされている。山頂の西北西の前十勝にある62-Ⅱ火口からは盛んに噴煙が上がり、山頂付近は火山灰に覆われている。十勝岳避難小屋と山頂の中間には昭和火口、西の三段山の南には安政火口がある。

【火山活動】
十勝火山群は新生代第三紀末に起こった大規模な火山活動による火山岩、さらに第四紀前期、約100万年前ころまでに噴出した流紋岩・デイサイト質溶結凝灰岩などが、約1,200mの標高で広大な基盤岩を形づくった。
約50万年前から、まず南西部で前富良野岳・富良野岳など苦鉄質安山岩質成層火山が現れた。次いで北東部の美瑛岳・オプタテシケ山・上ホロカメットク山など安山岩質の成層火山が形成されたのち、現在の十勝岳の主体をなす安山岩質の溶岩円頂丘が生じた。(中略)

十勝岳・富良野岳・美瑛岳

  • 収録範囲/原始ヶ原・オプタテシケ山・コマヌプリ含む主要ルート全域
  • 地図/国土地理院 50000分の1
  • 地図の容量/約14MB
  • 公開日/2012.09.30
  • 付記/コマヌプリより東は『大雪山系』地図を参照
  • 更新日/2016.01.15
  • 地図のバージョン/3.0
  • カテゴリ/ 全国エリア北海道エリア国立公園百名山
十勝岳・富良野岳・美瑛岳 山麓付近の天気予報
  • 12/18
  • 12/19
  • 日付
  • 時刻
  • 気温
  • 降水量(mm/h)
  • 風向
  • 風速
  • 18日
  • 23時
  • -11℃
  • 0 mm
  • 3m
  • 19日
  • 0時
  • -11℃
  • 0 mm
  • 南南西
  • 3m
  • 1時
  • -11℃
  • 0 mm
  • 3m

サポーター会員になると、最大39時間先までの気象情報が表示されます

サポーター会員登録

サポーター会員になると、最大39時間先までの気象情報が表示されます

サポーター会員登録

1時間毎の気温予報

サポーター会員になると、最大39時間先までの気象情報が表示されます

サポーター会員登録

1時間毎の降水量予報
(毎日18時ごろに更新)
【気象情報ご利用上の注意】
気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。
地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

みんなの活動日記

全1801件/1〜30件

先頭

1

2

3

4

5

6

...

後尾