ゲストさん
ご利用ガイド(はじめての方)

ご利用にあたり、用意していただくもの

スマートフォン
インターネット環境

YAMAPサービスの大まかな流れ

YAMAPアプリ(無料)をインストールします。

Androidアプリをインストール 上のボタンから「YAMAPアプリ」をインストールします。 アプリ・地図ともに無料でもご利用いただけます。

無料会員登録をします。

Webサイト(ホームページ)、アプリのどちらからでも登録は可能です。

詳しくは「スマートフォンでのご利用方法」をご覧ください。

地図をダウンロードします。

Webサイト(ホームページ)、もしくはアプリからご利用になりたい地図をダウンロードします。 ダウンロードした地図はWeb側・アプリ側の両方に自動登録されます。

地図データの容量が重く、ダウンロードに時間がかかる場合がございますので、Wi-Fi環境下でダウンロードされることをおすすめいたします。

YAMAP地図を紙に印刷します。

ご自宅のプリンターやコンビニエンスストアのコピー機で、YAMAPの地図データを紙に印刷しましょう。万が一に備え、登山・アウトドア活動には必ず「紙の地図」も携行しましょう。

事前に情報を収集します。

他のユーザーさんの活動日記を参考にしたり、ユーザー同志で情報交換をしたり、山小屋などの施設や行政に直接問い合わせるなど、登山前にできる限りの情報を集めましょう。

登山・アウトドア活動へ出発します。

登山開始時にYAMAPアプリを起動後、「スタート」ボタンを押します。 あなたの歩いた軌跡や活動時間が記録されます。 活動が終了したら「終了」→「保存」ボタンを押してください。

詳しくは「スマートフォンでのご利用方法」をご覧ください。

下山・帰宅後、活動日記を編集します。

Webサイト(ホームページ)とアプリのどちらからでも「活動日記」の編集が可能です。写真を追加することもできます。「公開」ボタンを選択していただきますと、他のユーザーさんが閲覧・コメントできるようになります。 経験と情報を広く共有し、安心・安全、楽しい登山・アウトドア活動を育んでいきましょう。

YAMAPの使い方を人物で紹介

スマートフォン(YAMAPアプリ)をメインに使用、紙の地図を予備に利用するAさん

長所: アプリにて歩行の軌跡や活動時間などを記録することができる。
短所: スマートフォンの電池切れの心配がある。
対策: ①充電池を持っていく。
②紙の地図も携行し、スマートフォンが壊れた場合にも備える。
詳しくは「電池の節約方法」をご覧ください。

YAMAPの紙地図をメインに使用、スマートフォン(YAMAPアプリ)を予備に利用するBさん

長所: 紙の地図をメインに使用するので、スマホの電池切れの心配をしなくて済む。道に迷ったり、位置情報を確認したい場合にのみ、YAMAPアプリを利用。
短所: アプリ内に保存される歩行の軌跡や活動時間などの記録が断片的になる。
対策: 「YAMAPアプリを使うのは位置情報を確認したいときだけ」と割り切る。

スマートフォンを持っていないけれど、YAMAPの紙地図のみを利用するCさん

長所: YAMAPの地図は無料でも使える。地図情報が更新されても、費用がかからないので安心。

災害時に備えて、YAMAPアプリ「都市部の地図」のみを利用するDさん

長所: 災害時など、携帯電波が不通になった場合でもスマートフォンのGPS機能が使用できる。交通機関が停まってしまい、歩いて自宅に帰らなければいけない緊急時にYAMAPアプリを利用。