ゲストさん
CASIO PRO TREK Smartでのご利用方法
よくあるご質問

ウォッチにYAMAPをインストールしましょう

▲ウォッチ
1.「Play ストア」をタップします。
▲ウォッチ
2.「YAMAP」を検索してタップします。
▲ウォッチ
3.YAMAPアプリをインストールします。
▲ウォッチ
4.インストール完了後アプリ一覧に「YAMAP」が表示されます

CASIO PRO TREK Smartでのご利用には、iPhoneにYAMAPアプリのインストールが必要です。手順はこちらをご覧ください。

ウォッチの準備をしましょう。

▲ウォッチ
1.YAMAPをタップします。
▲ウォッチ
2.YAMAPに端末上の写真、メディア、ファイルへのアクセスを許可します。
▲ウォッチ
3.YAMAPにこの端末の位置情報へのアクセスを許可します。
▲ウォッチ
4.「はじめる」をタップします。
▲ウォッチ
5.「OK」をタップします。
▲ウォッチ
6.「iPhone」をタップします。
▲ウォッチ
7.iPhoneと連携するためのQRコードが表示されます。
▲iPhone
8.iPhoneのYAMAPアプリを起動して、プロフィールの「スマートウォッチ連携」をタップします。
▲iPhone
9.「ペアリングを開始」をタップします。
▲iPhone
10.QRコードを読み込みます。
ペアリング完了までお待ちください。

ウォッチに地図を保存しましょう

地図転送時はウォッチのYAMAPを開いた状態でご利用ください。

▲iPhone
1.地図ピンを選択し「詳細」をタップします。
▲iPhone
2.「スマートウォッチに地図を転送」をタップします。
▲iPhone
3.「無料地図」または「プレミアム地図」をタップします。
▲ウォッチ
4.地図の転送が終わるまでしばらくお待ちください。
▲ウォッチ
5.地図の転送が終わるとウォッチに地図が表示されます。

容量が大きい地図は保存に時間がかかります。

スタートしましょう。

▲ウォッチ
1.画面右端を2回スワイプして、三角ボタンをタップします。
▲ウォッチ
2.活動の種類をタップして記録を開始します。
▲ウォッチ
3.「+」「ー」を選択すると地図が拡大/縮小できます。
▲ウォッチ
4.「位置」マークを選択すると、現在位置が画面中央に表示されます。
▲ウォッチ
5.現在位置が画面中央にある状態でもう一度「位置」マークを選択すると、ウォッチの向いてる方角が表示されます。
▲ウォッチ
6.画面右端を1回スワイプすると、活動時間などが表示されます。

地図上をダブルタップすると、地図が拡大/縮小できます。
本体のTOOLボタンを押すと、画面右端のスワイプと同じ動作になります。
本体のAPPボタンを押すと、画面左端のスワイプと同じ動作になります。
地図の範囲外にいる場合、現在位置を示すピンクの玉は表示されません。

終了し、保存しましょう。

▲ウォッチ
1.画面右端を3回スワイプして、「終了」ボタンをタップします。
▲ウォッチ
2.確認画面が表示されますので「チェック」ボタンをタップします。
▲ウォッチ
3.保存した記録は、電波状況の良い場所でアプリを起動しておくと自動でサーバーにアップロードされます。

本体のTOOLボタンを押すと、画面右端のスワイプと同じ動作になります。
本体のAPPボタンを押すと、画面左端のスワイプと同じ動作になります。
保存した記録は、iPhoneで編集します。手順は こちらをご覧ください。

その他の機能

地図の切り替え

記録中も切り替えすることができます。縦走等で複数の地図が必要な際はご活用ください。

▲ウォッチ
1.下にスワイプします。
▲ウォッチ
2.「地図を選ぶ」ボタンをタップします。
▲ウォッチ
3.表示したい地図をタップします。
▲ウォッチ
4.選択した地図が表示されます。

みんなの軌跡

ウォッチの地図上にスマートフォンのYAMAPアプリからダウンロードした「みんなの軌跡」を表示できます。
(みんなの軌跡について、詳しくはこちらを御覧ください。)

▲iPhone
1.iPhoneのYAMAPアプリから「みんなの軌跡」をダウンロードします。
▲ウォッチ
2.上にスワイプします。
▲ウォッチ
3.「みんなの軌跡」ボタンをタップします。
▲ウォッチ
4.表示したい軌跡をタップします。
▲ウォッチ
5.選択した軌跡は地図上に青線で表示されます。