YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

お問い合わせ掲示板「書き込み」

ひげおじさんさん

書き込み

ヤマップのルート上に、任意のポイントを書き込むことはできませんか?
よろしくお願いします。
質問
2016/05/27 16:53
コメント9件

ケンスーさん

ひげおじさんさん、お問い合わせありがとうございます。

申し訳ございませんが、ポイント書き込み機能はございません。
何卒ご了承くださいますようお願いします。
2016/05/27 17:34

ひげおじさんさん

ケンスーさん

ご回答ありがとうございました。
2016/05/27 17:43

はるさん

ポイントを書き込む機能はないのですが、代替として写真が軌跡に表示されるようになっております。写真機能をご活用ください。
2016/05/27 20:49

ひげおじさんさん

はるさん

ご回答ありがとうございました。
言葉が足りなかったようです。
私が聞きたかったのは、一部のGPS機器ように、山行前にルート上に任意のポインを設定
できるか、ということです。撮った写真を後で表示しても、事前のポイントにはなり得ません。

雪山でホワイトアウトになった場合など、数メートル先も目視できない時に、ルート上の
現在位置が解っても、ヤマップの地図上の次の地名が遠い場合、そこまでどのくらいあるか
読みにくい時がります。事前に自分でいくつかのポイントの設定ができれば、後どのくらい
で到達できるか、解りやすくなります。
2016/05/29 15:14

はるさん

事前のポイントを表示する機能は現在ございません。
今後の実装内容の参考にさせていただきます。
2016/05/29 22:05

ひげおじさんさん

はる様

代表者様ご自身のご回答、恐縮です。
ヤマップも使わせていただいております。圧倒的にコストが安い(無料地図DL !)、操作が簡単、画面が大きい(スマホにもよりますが)、など従来のGPS機器を凌駕する利点があります。またユーザーの活動日記を拝見することにより、最新の現地状況を知ることもでき、拡張性の大きさも大きな利点です。永年ガーミンを使っており現在は3台目になりますが、事前のポイント設定とバッテリーの消耗がクリアできれば、GPS機器よりはるかにヤマップが優勢になります。いずれにしても携帯は持って行きますので、モバイルバッテリーを持つ代わりにGPSを持たなければ、重量は差し引き同程度になり、バッテリーの問題はクリアできます。ポイント設定さえできれば、まったくGPS機器の必要がなくなります。コストの問題等あると思いますが、ご検討いただければ幸いです。
2016/05/30 09:43

はるさん

あたたかいお言葉、ありがとうございます。何よりの励みになります。
なるべくシンプルなつくりを保ちながら、より良いサービスに育てて参ります。
ポイント機能は、いずれ実装したいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
2016/05/30 10:01

ふぁんトントさん

皆さん、こんばんわ。
僭越ながら、代替案を考えてみました。

当方はガーミンなどのGPS専用機器を使用したことがないので、ガーミンなどでPOIの設定をする使い方を存じません。その点ご了承ください。しかし、iPhone3G以来スマートデバイスに搭載された位置情報システムを活用して山歩きを楽しんでおります。これまで様々なアプリを試してきましたが、YAMAPほど使いやすいアプリは他に存在しません。

もちろん、YAMAPよりも高機能で多機能なアプリは多数存在するわけですが、YAMAPの優れている点は機能を必要最小限に絞り込んで、誰でも気軽に使えるということに尽きると思います。したがって、「ポイント機能」の実装は、あれば便利だと思いますが、それによりシンプルさを毀損する可能性もありますね。スマホビギナーにとって、便利なものほど使いにくいのです。開発やサポートも同様でしょう。

前置き長くなりました。代替案としてはPCサイトから必要な地図をダウンロードし、それを紙に印刷して持参するというのはいかがでしょう。『雪山でホワイトアウトになった場合』でも、ザックから取り出してYAMAPが表示する現在地と比較して確認が可能です。また、そのような状況ではスマホ自体が機能しないということもあるでしょう。(低温によるシャットダウン)

また、いくらスマホの画面が大きくなったと言え、紙の地図の方が絶対見やすいです。緊急時の対応としては紙の地図併用をおススメします。自分的には大きなスマホは山歩きに邪魔になるばかりか使い勝手が悪い。やっぱり、スマートデバイスは小型高性能でなければ。。。

脱線しました。YAMAPの地図は無料であっても、すでにポイントがいくつか記入されており、標準的な所要時間も記載されています。これはとても便利です。もし、記載されないルートでしたら、手書きすればいいだけ。よく使うなら、ペイントソフトで追記してやればいいです。

印刷する際のポイントとして、YAMAPのPCサイトからダウンロード可能な地図は1枚モノのJPGファイルです。自分が良く歩く「生駒山・神津嶽・大原山」の地図では、大きさが5,790x9040ピクセル16.2MBとなっており、少々大きくて扱いづらいです。そこで、必要な地図部分をペイントソフトなどで切り出して使用するのが吉です。印刷についてはコンビニに設置されたプリンターがおススメ。1枚10円~20円(モノクロ印刷の場合)程度必要ですが、B4,A3と言った大きなサイズで印刷できます。家庭用のプリンターは業務用でない限り、最大出力はA4までとなっており、小さな地図しか印刷できません。これでは意味ありませんね。

写真1
YAMAPからダウンロードした地図ファイル(JPG画像)をペイントで開く

写真2
必要部分をトリミングで切り出して、「名前をつけて保存」して元画像はそのままで、印刷する地図ファイルを生成する

写真3
出来上がった地図(1,134x846ピクセル 595KB)、画像を劣化させずに印刷することができる。このファイルをUSBメモリやSDカードに入れて、コンビニへGo!(カラーの場合、1枚60円程度)

以上、すでにお試しの場合は、ご容赦ください。
2016/05/30 19:31

ひげおじさんさん

ふぁんトント様
代替案ありがとうございます。

私も紙の地図は常時携帯しております。ザックの中ではザックを下ろさないと取り出せないので、いくつかに折って、ジップロックに入れて、ウエアのポケットに入れております。

1 言わずもがなで失礼ですが、地図読みでは、自分の歩行速度、周囲の地形などを考慮して、現在地を把握すると 思います。BC Skiなどで、木立の無いオープンバーンで、濃密なガスに巻かれると、完全に視界を失い、傾斜も 解らなくなり、車酔い同様のめまいや吐き気に襲われることもあります。このように周囲がまったく見えない状 況で、現在地を把握する手段として、紙地図の補助としてGPSなどが活用されるようになりました。(BC Skiで  は、滑走速度が一定でないので、進んだ距離が計算しにくいこともあります。たとえば視界の無い中で、立山一ノ 越から御山谷を滑って、東一ノ越の夏道の入り口を見落とすと、下りすぎてしまいます。雪の下で標識等はあり ません。紙地図だけでは、判断が難しいところです)。
2 スマホ画面では、簡単に地図が拡大できます。等高線など細かい地形を読み取るには、紙の地図より格段に優れ  ます。この操作性は、ガーミンよりはるかに使いやすいです。
3 紙地図の印刷は、ヤマップのサイトで失礼ながら、山と渓谷社のWEBサイト「ヤマケイオンライン」       http://www.yamakei-online.com/yk_map/にて、一切の手間なくそのまま簡単に印刷でき、無償です。
 またこの地図は、ルートを設定すると所要時間が表になるシステムも付属しています。
4 私が常用しているのはカシミール3Dというソフトですが(2万5千は有料)、こちらも任意のサイズで簡単に直接 印刷できます。ご存知の方も多いと思いますが、このソフトは簡単にルートやポイントが書き込め、ガーミン  に取り込むことができます。
5 前回記載したように、ヤマップの利点は、見やすい、操作が簡単、コストが安い、他者との情報共有など、GPS  に無い利点が多々あります。さらなるご発展を期待しております。

2016/05/31 10:27
コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
戻る