YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

高鳥屋山(たかどやさん) 阿智セブンサミット 

tomoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。
    子供の頃から毎日のように見てきた南アルプスを登るのがとりあえずの目標です。
    いずれは日本百名山制覇もできたらと夢に描いてます。
    YAMAPと出会い、皆さんの活動記録を参考にさせて頂いたり、楽しい日記を読ませて頂きモチベーションを上げています。

    これまでに登った山
    日本百名山 31/100
    富士山 3776m ②
    塩見岳 3052m
    仙丈ヶ岳 3033m ②
    乗鞍岳 3026m
    甲斐駒ケ岳 2967m
    木曽駒ヶ岳 2956m ②
    八ヶ岳連峰(赤岳)2899m
    空木岳 2864m
    白山 2702m
    金峰山 2599m
    日光白根山 2578m
    蓼科山 2531m
    荒島岳 2523m
    男体山 2486m
    甲武信ヶ岳 2475m
    火打山 2462m
    妙高山 2454m
    焼岳 2444m
    燧ヶ岳 2356m
    四阿山 2354m
    高妻山 2353m
    瑞牆山 2230m
    恵那山 2191m ④
    苗場山 2145m
    会津駒ヶ岳 2133m
    雲取山 2017m
    谷川岳 1977m
    巻機山 1967m
    両神山 1723m
    丹沢山 1567m
    天城山 1406m

    信州百名山
    塩見岳・仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・木曽駒ケ岳・空木岳・甲武信ヶ岳・焼岳・恵那山・大川入山・鬼面山・富士見台・南木曽岳・風越山・経ヶ岳・戸倉山・熊伏山・守屋山・入笠山/・蓼科山・乗鞍岳・小秀山/・四阿山/根子岳・高妻山・金峰山・天狗岳(八ケ岳)・苗場山 
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長野
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

高鳥屋山

2015/06/14(日) 23:39

 更新

高鳥屋山(たかどやさん) 阿智セブンサミット 

公開

活動情報

活動時期

2015/06/14(日) 08:53

2015/06/14(日) 14:12

アクセス:779人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,356m / 累積標高下り 2,355m
活動時間5:19
活動距離10.18km
高低差639m
カロリー2033kcal

写真

動画

道具リスト

文章

昨日の網掛山に続いて、阿智セブンサミット 高鳥屋山に行くことにしました。梅雨に入る前に稼いでおきます。

私が知っているのは、3ルート 
飯田市山本→青木(駐車)→梨野峠→梨野山→高鳥屋山
阿智村下清内路(駐車)→梨野峠→高鳥屋山
飯田市大瀬木→鳩打峠(駐車)→高鳥屋山
私の知らなかったルートでは(リサーチ不足でした)
清内路→松沢→高鳥山
山本大明神→高鳥山

この中で最短距離・最短時間なのは 鳩打峠ルートです(およそ2時間で往復できるそうです)

ですが・・・今回は 青木→梨野峠→梨野山→高鳥山ルートを選択しました。わりと人気が高いコースです。

8時過ぎに家を出発 途中コンビに、今日は飲み物とお昼ご飯を買いました。頂上で食べる予定です。
R153より山側ある広域農道を阿智に向かって走ります。
山本西平にある浄玄寺から少し阿智側行ったところの四辻から右に入り青木に向かいます。
四辻といっても大きな交差点では無いの見過ごしてしまいそうな道です。案内板はありません。
道は舗装されていますがとても狭い道です。
青木地区は私の子供時代には(45年前です)すでに集団移住で人がいないと聞いていましたが、現在1軒だけ住んでいるようです。
8時40分 梨野峠青木口到着です。車は4台位は止められます。
準備をして 8時50分 出発です。
用水路沿いを歩いて行きます。

しばらく行くと用水路取水口があります。ここから梨野峠の道になります。

1時間で梨野峠に到着 休憩です
ここには、御岳遥拝所の碑があり、天気が良ければここから御嶽山が望めるようです。
今日は手前の山さえ霞んで見えません。とても残念です。

登山道入り口に 高鳥山 2.1KM の看板
阿智7サミットの登山口看板はありません。ここに無いということは、松沢登山口の方ですね。

ここから少し登りがきつくなります。

30分ほど登ると尾根になり、平坦な道を20分位歩きます。

10分ほど登ると、頂上に到着です。

頂上は南アルプス側に開けていて、晴れていれば抜群の眺望のはずです。

頂上直ぐ下に 頂上小屋がありました。

小屋の中は、虫がいなくて快適です。ここでご飯をいただきます。

ご飯を食べながら、そこにあったノートを見ていると直近は昨日の書き込み、ノートは3冊あり、かなりの人が登っていることがわかります。驚きは厳冬期にも スノーシューで登っている人が結構いることでした。

ゆっくり1時間休憩して、募金箱に小額を入れて山小屋を後にしました。

帰りに梨野山の頂上を見ようと、行ってみました。案内は無いです。

あまり人が入って無いのか 笹で道が見えません。
少し進むと笹が無くなり道がわかります。

GPSをみながら先に進みましたが、なんだか下っています。どんどん下ってます。
あれ、これは変だと戻ることにw

戻りながら、木に巻かれている赤テープをみると、なんか字が書いてあります。
 梨野山 1340m 2012.11.25 s.k
ここが頂上かどうかは定かではないですが・・

後は 下るだけです。

駐車場手前で、ふと、ウエストポーチを見るとヤマヒルが乗っててびっくり、払い除けてしまいました。
初めて本物みました。噛まれる前でよかった。

14時30分 帰路につきました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン