YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

【日帰り】谷川岳~平標山主脈縦走

えどべりさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年4月からトレッキングを始めました。
    スリリングな岩場のある山を登ることが大好きです。
    難しいルートを色々踏破してみたいです。


    【今年の秋冬でやってみたいこと】
    岩場のある山のバリエーションルート攻略‼
    雪山で北アルプス初挑戦!
    フルマラソンデビュー。

    あと最近ボルダリング始めました。
    まだまだ初心者ですが、レベルアップ目指して奮闘中?です。
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2015/06/14(日) 19:22

 更新

【日帰り】谷川岳~平標山主脈縦走

公開

活動情報

活動時期

2015/06/14(日) 04:28

2015/06/14(日) 18:43

アクセス:311人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,518m / 累積標高下り 5,212m
活動時間14:15
活動距離26.45km
高低差1,373m
カロリー7099kcal

写真

動画

道具リスト

文章

去年の9月に天神尾根経由で登った谷川岳。
肩の小屋から見える、平標山に掛けて伸びる谷川連峰の稜線の余りの美しさにすっかり心を奪われてしまい、いつかあの稜線を縦走してみたいと思ってました。
当初夏山で行こうかと思っていましたが、残雪の稜線も美しく、夏休みまで待てずに行ってしまいました。

まず西黒尾根から谷川岳を目指します。
どしゃ降りの雨で全身ずぶ濡れになりながらも、鎖場をクリアすると、頂上の直下に雪渓が。
残雪はあるのは分かっていましたが、まさか登山ルートに氷河のような残雪があるとは思ってもみなかったんで、ビビりましたが、何とかクリア。

谷川岳の山頂まで往復したあと、いよいよ平標山に向け、主脈縦走へ。
雨もやんできました!
遠くから見てるとなだらかな稜線続きなのかと思いきや、標高2000mのピークから1500mの鞍部が幾山と続く、地獄だとは思ってませんでした。
西黒尾根を登った後だけに、本当にキツい‼

でも仙ノ倉山以降は稜線がなだらかになり、色々な花が咲き乱れ、まるで草原のよう。
心いくまで、上越国境の山岳美を堪能しました。

ただ、やっぱり日帰りはキツかった…
今までの山行で一番辛かった。
やっぱり山小屋泊にしておけば良かったかも。汗

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン