YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雨と風の曽爾高原→倶留尊山Σ(゜Д゜)曽爾村満喫一泊二日の旅二日目 その②

ponTaさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:ポンコツな両膝を誤魔化し、膝痛に悶絶しながら近畿を拠点にウロウロしています。
    基本はソロでやっとります(^_^ゞ
    まだまだ始めたばかりで、オロオロしておりますが、低山を登ったりトレッキングしながら経験値を増やしていきたいと思っています。
    宜しくお願いしますp(^-^)q
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

倶留尊山・曽爾高原・住塚山

2015/06/19(金) 19:23

 更新

雨と風の曽爾高原→倶留尊山Σ(゜Д゜)曽爾村満喫一泊二日の旅二日目 その②

公開

活動情報

活動時期

2015/06/18(木) 08:47

2015/06/18(木) 13:13

アクセス:283人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,305m / 累積標高下り 2,288m
活動時間4:26
活動距離10.15km
高低差574m

写真

動画

道具リスト

文章

曽爾村満喫一泊二日の旅 二日目\(^^)/

6時起床。木治屋さんで朝食をいただき、一か八かお亀の湯まで母を送っていたただけないか聞いてみると、
快くOKと言ってもらい車で出発することに。

8:30 木治屋を後にしてお亀の湯に10分程で到着。
母を温泉にデポして曽爾高原へ向かいます。
雨がしとしとと降り、風が唸ってます。

曽爾高原駐車場に到着。誰もいません。
って言うか、昨日今日と登山者と会ってません。
雨のなかとぼとぼと曽爾高原へ。
この広い高原を独り占めです!歩き回りながら倶留尊山へ登るか考えます。

上の方は真っ白で様子が分からない。
天気予報によると昼頃から風が強くなると。
雨はそんなに降ってない。じゃ、行くか?

よし!行ける所まで登ろう!と、倶留尊山へ。

晴れの日とは全く違う、雄大な自然。幻想的な世界です。
稜線をたどり、二本ボソへ向かいます。
ここから道が岩場になり、手を使うのでグローブをしようと左手をつっこみます。
ん?小指が入れない。あれ、何でや?更に突っ込むと小指がプニプニぶつかります。
プニプニしてるので絆創膏でも詰まってるのかと思い、手に取り出します。
ん? うにょ~ん うにょ~ん。??
(○_○)!!ムカデっっっっ!!!
ムカデが出てきたーーーーー!
うぉぉぉぉぉぉいっっ(/Д゜)/~┻┻
慌ててムカデを fly away!小指を確認。
噛まれたのかどうなのか。噛まれてはいません。
しかし、何か違和感が、、。ま、いっか。とグローブをはめ、岩場再開。
びしょ濡れの岩場を慎重に登ります。風の唸りを聞きながらゆっくりと二本ボソに到着。
イワシの口に下りることも可能ですが、この日はパス。
怪我しそうだなと思ったので無理せず諦めました。

先程から小指がジンジンします。見ると、少し腫れてます。多分、ムカデを押し込んだ際にムカデの甲殻で引っ掻いたのでしょう。
致し方無い。よし、倶留尊山まで後少しです。
しかし、急斜面で岩場の下り。無理はないか帰り道も考えてルートを見てみる。
何とか行けそう。気合いを入れ直してゆっくりゆっくり下り、登りにさしかかる。
この登りを帰りに降りれるかな?とどうやって降りるのか考える。よし、行ける!
と、この工程を繰返しやっと倶留尊山頂へ!
うわーーーーい\(^o^)/展望も無いし雨も風もすごいけど、十分満足です!

さて、下山。覚悟してかからなければ!
帰りに行きにもいたカエルさん、ひっくり返ってました。避けて下る。
へび!ヒル?よく分からないニュルニュルの物体が。
そーーっと避けて、曽爾高原まで無事下山。
改めて倶留尊山を見上げる ( ゜o゜)スゲー
あそこを歩いたのかー。

さぁ、母をデポした亀の湯まで後少し。
ショートカット出来る道があるはずだ。と地図と四方八方に伸びる道をみてみる。
大概が少年自然の家につながっている。
それ以外で下りの方向にある道を確認して進んでみる。
GPSで見てみると、おぉ!真っ直ぐ綺麗にショートカット出来てるやん!
大幅に短縮出来たのでお亀の湯で冷えた身体を暖めて、太良路バス停まで母と歩く。

少しは親孝行出来たのだろうか?と考えながら、ゆっくり帰路に着きました。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン