YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2015年6月20日(土)丹沢 大倉~蛭ケ岳までの遠い道のり

あすすさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

丹沢山

2015/06/20(土) 20:09

 更新
神奈川, 山梨

2015年6月20日(土)丹沢 大倉~蛭ケ岳までの遠い道のり

公開

活動情報

活動時期

2015/06/20(土) 02:41

2015/06/20(土) 12:53

アクセス:141人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間10時間12分
  • 活動距離活動距離27.95km
  • 高低差高低差1,393m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り3,815m / 3,820m
  • スタート02:41
  • 1時間8分
  • 駒止茶屋03:49 - 03:51 (2分)
  • 16分
  • 堀山の家04:07 - 04:11 (4分)
  • 38分
  • 花立山荘04:49 - 04:53 (4分)
  • 27分
  • 日ノ出山荘05:20 - 05:22 (2分)
  • -
  • 塔ノ岳05:20 - 05:35 (15分)
  • -
  • 尊仏山荘05:22 - 05:36 (14分)
  • 51分
  • 丹沢山06:27 - 06:38 (11分)
  • -
  • みやま山荘06:27 - 06:44 (17分)
  • 1時間25分
  • 蛭ヶ岳山荘08:09 - 08:12 (3分)
  • -
  • 蛭ヶ岳08:09 - 08:50 (41分)
  • -
  • 蛭ヶ岳山荘08:48 - 08:51 (3分)
  • 1時間5分
  • みやま山荘09:56 - 10:05 (9分)
  • -
  • 丹沢山09:56 - 10:05 (9分)
  • 45分
  • 尊仏山荘10:50 - 11:00 (10分)
  • -
  • 塔ノ岳10:51 - 11:01 (10分)
  • -
  • 日ノ出山荘10:59 - 11:02 (3分)
  • 18分
  • 花立山荘11:20 - 11:21 (1分)
  • 20分
  • 堀山の家11:41 - 11:44 (3分)
  • 11分
  • 駒止茶屋11:55 - 11:57 (2分)
  • 56分
  • ゴール12:53
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

2015年6月20日(土) 大倉登山口から塔の岳、丹沢山を経て、蛭ケ岳まで足を伸ばしてみました。
丹沢には何度か訪れていますが、いつもは丹沢山で引き返していました。
今回は、体力増強も兼ねて、ちょっと(でもなかったけど)距離を伸ばして、蛭ケ岳までの往復約28kmのロングコースを歩いてみました。

コースタイムはこんな感じです。
大倉登山口(2:45)~塔ノ岳(5:20)~丹沢山(6:30)~蛭ケ岳(8:10)計約6時間30分
蛭ケ岳(8:50)~丹沢山(9:50)~塔の岳(10:50)~大倉登山口(12:50)計約4時間
合計 10時間30分、とかなりの長丁場になりました。距離も約28kmと、自身最長記録です。
案の定きつかったです。体重も3kgほど落ちました。

コースの大半は全体を通して、ほぼ階段です。
ここまで階段の多い山は他に類を見ないのではないでしょうか。
標高はそれほどではありませんが、山頂が奥深いところにあるので、結構な道のりをこの階段を使って登っていかなければなりません。
ですが、岩場や鎖場、その他危険箇所もないので、体力さえあれば初心者でも登れます。

前回、前々回と同じく、前日が雨、というパターン。
当たり前ですが、地面はぬかるみと水溜りがたくさんありました。でも、そこは全体的に道が整備されている丹沢。(階段ばっかですが)大きな支障にはなりませんでした。
ただ、丸太の階段は、丸太部分が滑りやすいので、今回のような雨上がりの日は注意が必要です。特に下り。

塔の岳までは、延々と登りが続きます。
しかもコースの大半は階段かつ樹林帯の上、雨上がりの後に日が差したので、物凄く蒸し暑かったです。
汗が止まらず、かなりの水を消費しました。
気候、天候次第ですが、こまめに休憩を挟みながら登らないと、塔の岳までの道程でばててしまいます。(私の場合はですが)

塔の岳から丹沢山までの道は、距離約2.6km。
今度は適度なアップダウンと、そして稜線からの眺めが追加されます。
距離も短く、私的には楽な道のりです。

そして、今回初となる蛭ケ岳への道。距離約3.8km。
往復で登山口~塔の岳までの距離に匹敵します。
塔の岳~丹沢山までの道程と似た構成ですが、アップダウンの頻度と傾斜が増し、距離も長いので、より体力を要します。
ここまで結構体力を消耗していたせいもあるとは思いますが、3.8kmとは思えないほど長く感じました。
それに、距離は短いですが、急斜面の岩場(?と言っていいんでしょうか)もあります。
とはいえ、足場もしっかりしているので、手を使わなくても問題ないレベルです。
ここには鎖が設置されていますが、上り下りの補助のために設置されているのではなく、(恐らくですが)登山者がコースアウトしないように設置されているのものと思われます。
最初は、鎖を握って下ろうとしたのですが、どう見ても鎖のないルートの方が下りやすかったので、鎖には触りませんでした。
逆に鎖を頼りに降りようとすると、より危ないような気がします。

蛭ケ岳の山頂は結構広いです。丹沢山の山頂より多少狭いくらいでしょうか。
朝早かったせいもあるのでしょうが、私が着いた時には誰もいませんでした。(後で一人いらっしゃいました。)
視界も360度開けており、晴れていれば素晴らしい眺望が得られるでしょう。
残念ながら、今回はガスで部分的にしか見えませんでしたが。。。

体力的なことばかり書いてしまいましたが、丹沢山も蛭ケ岳もそこに至る道程の稜線からの眺めや、山頂からの景色は素晴らしいものがあります。
塔の岳で引き返す方が大半かと思われますが、余力があれば、その先まで足を延ばす価値は十分にあると思います。







コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン