YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

槍ヶ岳日帰り

みとなさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:三十路に入ってとうとう健診に引っ掛かり、仕方なく運動を始める。
    といっても運動音痴かつ病弱なので散歩しかできない。
    あ、近くに山がある…行ってみよう!

    …ハマった(;´д`)
    …でも高所恐怖症は治らない(;´д`)
  • 活動エリア:岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1982
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/06/21(日) 08:02

 更新

槍ヶ岳日帰り

公開

活動情報

活動時期

2015/06/20(土) 03:40

2015/06/20(土) 18:21

アクセス:622人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,745m / 累積標高下り 2,701m
活動時間14:41
活動距離26.96km
高低差2,139m
カロリー6415kcal

写真

動画

道具リスト

文章

会社の山好きが5人集まり、今年の目標の一つである槍ヶ岳の日帰り山行に挑戦しました。
ルートはもちろん新穂高からのピストンです。

天気は曇り時々雨、このルート最大の問題は沢が渡れるか否か(昨年死者が出ています)。
何とか渡って、槍平小屋に向かいます。
この辺りで一瞬の晴れ間、穂高の勇姿を目に焼き付けます。
ひたすら単調な道を歩き続け、いよいよ飛騨沢の雪渓を登ります。
途中から濃いガスが出て、我慢の登りが続きます。
雪はかなり腐ってきており、アイゼンを使わず登っている方も。

飛騨乗越に出ると、運良くガスが切れて穂先がドドーン!
皆ではしゃぎながら記念撮影をし、槍ヶ岳山荘に荷物をデポします。

いよいよ槍の穂先へ。
去年は怖くて仕方なかった道も、今回は少し楽しい。
山頂は我々5人と富山からいらした2人のみ、最高に贅沢な時間でした。

山荘でカレーを食べている間に雨が降り始めます。
沢の状態が気になるため急いで下山を開始します。
雪渓は走るようにして下り、我慢の長い長い登山道が続きます。
槍平小屋を過ぎて問題の渡渉。
浅瀬を探し何とか渡ってホッとしていると、少し下流に朝には無かった橋が…皆で大爆笑でした。
今後はこのルートも安心ですね。

右俣林道に入る頃には雷雨に。
気温もかなり低く、急いで歩かないと寒い状態でした。
そうこうして、何とか明るいうちに新穂高まで下山できました。

今回、こうして日帰りを成功できたのは仲間の力があったからです。
もし一人だったら、このペースを維持することは難しかったと思います。
しばらくはやりたくないハードな山行でしたが、少し自信がつきました。
ただ、まだまだ自分にはスピードと岩場の技術が足りないので、そこを磨いていきたいと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン