YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

塔ノ岳:ヤビツ峠ピストン

あいさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2016年5月に、山の近くに住みたくて横浜市から甲府市に移住しました。
    愛する甲斐駒を毎日眺めながら、盆地生活を満喫中。

    混雑が苦手なのと写真を撮りながらマイペースに歩くため、主に平日、単独で山に行っています。
    岩好き。夏はテント泊も好みます。
    山行中のコーヒー、下山後の温泉とビールがなによりの楽しみ。
  • 活動エリア:山梨, 長野
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:東京
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2015/06/22(月) 02:37

 更新
神奈川, 山梨

塔ノ岳:ヤビツ峠ピストン

活動情報

活動時期

2015/06/20(土) 06:34

2015/06/20(土) 19:06

アクセス:470人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間12時間32分
  • 活動距離活動距離17.65km
  • 高低差高低差812m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り3,517m / 3,577m
  • スタート06:34
  • 23分
  • 富士見山荘06:57 - 07:00 (3分)
  • 1時間26分
  • 二ノ塔08:26 - 08:41 (15分)
  • 13分
  • 三ノ塔08:54 - 09:08 (14分)
  • 29分
  • 烏尾山09:37 - 09:56 (19分)
  • -
  • 烏尾山荘09:37 - 09:56 (19分)
  • 49分
  • 行者ヶ岳10:45 - 10:50 (5分)
  • 16分
  • 書策小屋11:06 - 11:19 (13分)
  • 18分
  • 新大日茶屋11:37 - 11:43 (6分)
  • -
  • 新大日11:37 - 11:43 (6分)
  • 13分
  • 木ノ又小屋11:56 - 11:59 (3分)
  • 30分
  • 日ノ出山荘12:29 - 12:32 (3分)
  • -
  • 塔ノ岳12:30 - 13:41 (1時間11分)
  • -
  • 尊仏山荘12:32 - 13:41 (1時間9分)
  • -
  • 日ノ出山荘13:40 - 13:42 (2分)
  • 20分
  • 木ノ又小屋14:02 - 14:04 (2分)
  • 8分
  • 新大日茶屋14:12 - 14:18 (6分)
  • -
  • 新大日14:12 - 14:18 (6分)
  • 10分
  • 書策小屋14:28 - 14:32 (4分)
  • 5分
  • 行者ヶ岳14:37 - 14:41 (4分)
  • 46分
  • 烏尾山15:27 - 15:38 (11分)
  • -
  • 烏尾山荘15:27 - 15:38 (11分)
  • 39分
  • 三ノ塔16:17 - 16:21 (4分)
  • 14分
  • 二ノ塔16:35 - 17:10 (35分)
  • 1時間7分
  • 富士見山荘18:17 - 18:26 (9分)
  • 28分
  • ヤビツ峠18:54 - 19:06 (12分)
  • -
  • ゴール19:06
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

[神奈川県・丹沢]
(東名高速道路)~秦野中井IC~ヤビツ峠駐車場~二ノ塔~三ノ塔~烏尾山~行者ヶ岳~新大日~塔ノ岳
~同じ道を戻る~湯花楽秦野店~秦野中井IC~(東名高速道路)

この時期の丹沢はヒルが嫌で敬遠していたのですが、ヒル下がりのジョニーを足元に噴霧しまくり、手元にヒルをつまむためだけに100均で買ったピンセットと、ヒル殺害用の消毒エタノールを常備する完全武装でいざ突撃。結果、ヒルには一度も食いつかれるどころか見ることもなく下山することができました。大げさに考えすぎだったのだろうか…

山はしばらくご無沙汰&絶賛運動不足な60代の父を連れて行ったためか、予定時間を大幅に過ぎ、なんと下山まで12時間もかかってしまいました 汗
早めの時間に歩き始めたことと、夏至の近くで日没が遅かったのでギリギリ暗くなる前に下山できたこと、万が一暗くなっても最後は舗装路なので最悪ヘッデンでなんとかなるコースだったので良かったですが、一時は途中下山も考えました。
それでも、息も絶え絶え山頂に立てたのは父も嬉しかったようなのでよかったです。

登り始めはよく晴れていたのに、すぐガスがかかってしまい、最後までガスに包まれ残念ながら眺望には恵まれませんでした。でも、ガスに包まれた光景もなかなか幻想的で、これはこれで良いときに行けたと思っています。
写真には撮れませんでしたが、鹿にも2度ほど出会えました。

普段は平日に山に行くので週末登山は久しぶりで、たくさんの人がいる山は新鮮でした。オシャレ山ボーイがかなりいたのにちょっとびっくり。(山ガールはわりと見ますが)

適度な急登とアップダウン、ガレ場、鎖場や岩場、木道や階段、そして変化に富んだ植物など、今まで登ったなかでもかなり気に入り、家からも遠くないので今後何度も訪れたいです。車なら下山後に湯花楽に立ち寄れるのもいいですね。湯花楽の寝れるサウナと炭酸湯は翌日の疲れがかなり解消されてスッキリ。

山行は良いのですが、問題はヤビツ峠までの峠道の運転。くねくねしているだけならともかく、鬱蒼としていて昼間でも薄暗く、もちろん街灯などはありません。道は対向車とすれ違えないほど細い箇所が多く、おまけに先が見えないのにカーブミラーがないところも多々。行きも帰りも一番緊張した箇所でした。
更にヤビツ峠は車上荒らしも多いらしく…長時間停めっぱなしだったのに、よく被害に遭わなかったなと 汗
どうやら走り屋のメッカでもあるようなので、次は大倉から三ノ塔尾根で行こうかなと考えています。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン