YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

小秀山

luiji_3190さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:愛知
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:宮崎
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

小秀山

2015/07/12(日) 15:39

 更新

小秀山

公開

活動情報

活動時期

2015/07/12(日) 07:16

2015/07/12(日) 14:54

アクセス:117人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,034m / 累積標高下り 2,028m
活動時間7:38
活動距離11.97km
高低差1,099m
カロリー4680kcal

写真

動画

道具リスト

文章

南アルプスデビューに備え、日帰りできるところでルートが長くタフな山をということでこの山を選びました。この高さの山だと、通常はトレランシューズで装備も絞って軽装で行くのですが、アルプスを想定し、本格的な登山靴を初めて履き、装備も重めで行きました。登山靴は快適だったものの、オーバーペースのせいでかなりバテました。でも、なんとか小屋まで4時間弱でたどり着きました。
ニの谷ルートは急登が続き、かなり大変です。カモシカ渡りと兜岩付近の岩渡りが「難所」ですが、個々ではなんとかなるものの、そこに至るまでの疲労が甚だしい場合は注意が必要です。前を行く人の滑落や落石にも注意する必要があります。兜岩のあとは一転、緩やかなアップ&ダウンを繰り返す2キロ弱の行程です。初心者にはヘビーな山ですが、兜岩と頂上から見る御嶽山は圧巻で、来てよかったと心から思わせます。帰りの三の谷ルートは、緩やかなつづら折りで、疲れた足に優しいですが、恐ろしく単調です。林道を2キロ歩いたところに登山口があることからも、登りには向きません(退屈で死んじゃいます)。ニノ谷、三の谷ルートともにルートは明瞭で、道迷いの心配はまずありません(ニノ谷は途中分岐が二、三ありますが、片方が通行不可と視認できます)。それから、水はいつもより多く持っていくか、水場でしっかり確保することをお勧めします。
ちなみに夫婦滝からgpsが迷走を始め、戸惑いました。ルートの変更があったか、地図の線引きミスと思われます。
頂上では、登山者の方にスイカをいただきました。小屋では、三重から来たというお二人にアルプスのことをいろいろ伺えました。いつか私もこういう親切を人に出来る日が来ると良いなぁと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン