YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

イワナの夏・標高1200mの御岳高原

山川遊さん

サポーター
  • サポーター サポーター No.9
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:還暦過ぎたじじいです。遥か昔は「雪よ岩よ」の時期もありました。40年のブランクを経て、6年前に同世代の友人と雪山カムバックしましたが、その友人が山が出来なくなって。自身は2015年末に関節リュウマチになりイテテです。いっそ、ユルユルで行こうと思い、装備の軽量化とユルユルテン泊で山を遊ぼうと思う。「ユルユルテン泊」とは若者が日帰りするルートを1泊して、より長い時間山を楽しもう、という贅沢です。
    2016年はスキーも復活しました。夏は西洋毛ばり(フライフィッシング)もね。
    FB:https://www.facebook.com/motoetsu.kobayashi
  • ユーザーID:8476
    性別:男性
    生まれ年:1951
    活動エリア:長野, 岐阜, 三重
    出身地:長野
    経験年数:公開しない
    レベル:公開しない
  • その他 その他

御嶽山(長野県)・継子岳・摩利支天山

2015/07/14(火) 06:40

 更新
長野, 岐阜

イワナの夏・標高1200mの御岳高原

活動情報

活動時期

2015/07/12(日) 04:46

2015/07/12(日) 18:46

ブックマークに追加

アクセス

755人

文章

毎年7月から9月には何回か御岳の高原に仲間が集まります。
ここは標高1,200mの岩魚とアマゴの棲む渓川です。
昨年も御岳噴火の9月27日の3日前にここで遊んでました。

夜中の1時に起きて、現地到着4:30 丁度日の出の時間。
早速、はじめましたが反応が無い。
渓に日が差してようやくチビが出てくれました。
少し、時間が早すぎました。

昼前に3人で上流へ移動。
ここの上流はクマが怖い場所ですが、3人でわいわいやってれば平気です。
ランチ&昼寝(写真取り忘れた)
タープ張りましたが、タープの下は思いのほか暑く、結局木陰で昼寝。

午後は仲間は下流、私はショートロッドで支流へ。
岩魚君は出るけど、チビ!

イブニングの一発にかけましたが、不発!
日暮れ前に撤退しました。

帰宅は夜の9:30
8月に又行きましょう。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間14時間0分
  • 活動距離活動距離13.52km
  • 高低差高低差106m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,150m / 1,153m
  • スタート04:46
  • 14時間0分
  • ゴール18:46

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン