YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

剣山三嶺縦走

ツルティさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:From 福岡
    旅とキャンプと写真好き
  • 活動エリア:福岡, 大分, 熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

剣山・八面山・正善山

2015/07/21(火) 18:01

 更新

剣山三嶺縦走

公開

活動情報

活動時期

2015/07/19(日) 10:18

2015/07/20(月) 16:22

アクセス:576人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,598m / 累積標高下り 2,630m
活動時間30:04
活動距離32.10km
高低差1,051m
カロリー14979kcal

写真

動画

道具リスト

文章

去年四国遠征した際に素晴らしい景色を見て感動した
剣山を次は縦走したいと思い同じ日程で企画しました。
結果、予報は大ハズレで台風並みの暴風雨でした。
*****************************************
前日まで台風の影響で439号438号が全面通行止めに
なっていたので諦めていましたが、土曜朝に解除され
てバタバタ用意して出発したのであります。
*****************************************
リベンジの剣山山頂からの御来光を見るために今回も
西島野営場に幕営しました。
軽量化のため、ヒルナロのインナーと+タープで臨みま
したが、テントが倒壊しそうなぐらいの強風でほとんど
眠れませんでした。
雨が降らなかったのが救いでした。

朝駆けのため3時に起きると星が出ていましたが、片づ
けが終わると同時に雨となりました。
カメラとレンズはザックにしまい、最後まで三脚を含め
使われることはありませんでした。

西島野営場、リフト終点のトイレどちらも水が出ず、
山頂ヒュッテオープンと同時に水をもらいました。
神様仏様ヒュッテ様。(涙)

昨日からの暴風雨で三嶺への縦走を取りやめる方や山頂
さえも行くか悩む人たちもいましたが、丸石まで行けば
標高が下がって多少おさまるか、最悪分岐から、かずら
橋に下山しようと出発しました。

山頂は立つのもやっとで、剣山縦走路でザックカバーが
吹き飛ばされました。
「しごきやん!」と泣きながら丸石小屋まで前進し、
びしょ濡れになった服と靴下を絞り、計画続行を決意し
て先に進みました。(カッパ買い替えんと)

出発してすぐに白髪小屋から来られた縦走中のおじさん
と会いました。
話も弾み、お互いの健闘を祈って先に進みます。

白髪小屋で昼食をとって三嶺へは2時間でした。
岩場あり、お花畑あり、景色は?の今回一番山らしい山
でした。
人気が高いのが分かります。(二百名山)

三嶺ヒュッテで14時、昨夜家からの電話で用事が出来た
し、天気最悪でしばし悩む。。
ヒュッテで休憩されていたソロ女性の方が下山の準備を
されていた。
しばし談笑し一緒に下山しませんか?と聞かれたけど、
明日の天気を見て決めますと先に下山してもらった。
(あるトラブルを抱えていたこともあって。。滝汗)
ようやく携帯の電波が入り予報を確認すると、ずっと
荒れ模様、すぐに下山を開始した。

ぜんぜん先行する女性に追いつけず、地図にないルート
で迷ったりしながら下山したのが16:30、フェリー出航
が21:55間に合うのか?

慌てて支度して出発が17:30、ナビ到着予定21:45。滝汗

大歩危の徳島ラーメンに寄ってみたが準備中で諦めて港
まで死に物狂いで飛ばした。
(食べたら間に合わなかった。笑)


そして間に合った。(笑)
ビールを飲んだらすごく眠くなって気がついたら小倉港
でした。

登山口に車が一台停まっていたけど大丈夫だったのかな。。


おしまい。
*****************************************
今回周ってみて
剣山の御来光はもう諦めるとして(笑)
次周る時は名頃から綺麗で広い三嶺ヒュッテに宿泊し
三嶺で御来光を見て見ノ越の15:35発のバスに乗れれ
ば、楽しい縦走になるかなと思いました。
もちろん天気が良い時限定でー
*****************************************
■ルート、タイムについて
名頃登山口から見ノ越へはバス移動
剣山:日の出待ち(水補給)
丸石避難小屋:水没した靴の水抜き
白髪避難小屋:ランチ

■コース状況、危険箇所
特にないが、三嶺山頂直下の岩場ぐらい。
※三嶺から名頃登山口駐車場へは新ルートになっています。
本来の地図上のルートではありませんので看板指示に従ってください。

※水場
・西島野営場(リフト西島駅)←出なかった。
・高ノ瀬:かなりの傾斜面に水場入り口があった。やや危険か。
・白髪小屋:小屋から三嶺方向へ30M左側に標識あり(行き7分/帰り15分)
・三嶺ヒュッテ:20分ほど下ったところ←下山中には分からなかった。

【参考コースタイム】
見ノ越-(00:50)-西島-(00:45)-剣山-(00:50)-次郎笈-(01:00)-丸石-(01:20)-
高ノ瀬-(01:55)-白髪非難小屋-(00:55)-カヤハゲ-(01:00)-三嶺-(00:10)-
三嶺ヒュッテ-(01:55)-名頃

白髪山(往復00:40/00:35)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン