YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大雪山:黒岳〜旭岳縦走

きゅぷろさん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

大雪山系・旭岳・トムラウシ

2015/08/29(土) 09:22

 更新

大雪山:黒岳〜旭岳縦走

公開

活動情報

活動時期

2015/07/24(金) 06:32

2015/07/24(金) 16:22

アクセス:155人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,364m / 累積標高下り 1,301m
活動時間9:50
活動距離11.97km
高低差767m

写真

動画

道具リスト

文章

前夜は層雲峡泊。ずっとどしゃぶりの雨だったが、何とか朝には雨が止んだ。層雲峡を朝6時始発のロープウェイで出発し、途中でリフトに乗り換えて7合目へ。そこから黒岳を登る。登山道はよく整備されていて登りやすい。途中何度が雨が強くなったが、傘で対応する。黒岳山頂はガスがかかって展望不良だったが、時折ガスが晴れて、周りの山々が見える。そこから緩い下りですぐに黒岳石室に到着。小休止のち北鎮分岐へ向けて出発。初めはほとんど平坦な道をハイキング気分で行く。右に桂月岳、凌雲岳を見ながら、北鎮岳を目指す。左は深い谷で途中からはお鉢平という巨大な噴火口跡(毒ガスで降りることはできない)となる。次第に登りがきつくなる。小さな雪渓を越え、北鎮分岐に到着。中岳・間宮岳は見えるが、旭岳はガスでほとんど見えない。北鎮分岐〜中岳〜中岳分岐〜間宮岳を経て、右手に熊野岳を見つつ、旭岳へと向かう。初めはちょっと下って、そこから最後の直登が結構キツイ。事前情報でここが一番キツイことは承知していたが、結構大変だった。しかし直登なので高度は稼げる。途中、雪渓を通過して、やっと旭岳に到着。しかし大分時間を食ってしまったので、急いでラーメンを作る支度をする。コーヒーは時間がなくて、飲めず。山頂は旭川西高校の生徒が大勢登ってきて大混雑&大騒ぎ。校歌を歌い出す。高校生に混じって下山する。下山はガレをひたすら下る。かなりslippyで、つま先が非常に痛くて難儀した。やっと姿見の池に降りるが、足が痛くてここからロープウェイまでの道が意外と辛かった。ロープウェイで旭岳温泉へ。ロープウェイ駅からホテルまでは歩いて1kmくらいだったが、普通の道なのにとても辛かった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン