YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

九重 みそこぶし山、撤退

太郎のおやじさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:福岡市在住。
    年間15日間ほど行く、
    ゲレンデスキーがもう20年。
    息子と行ってます。
    最近はBCに興味。
    まだまだ息子には😤負けんとです💪。
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/07/25(土) 08:20

 更新

九重 みそこぶし山、撤退

公開

活動情報

活動時期

2015/07/25(土) 05:30

2015/07/25(土) 06:38

アクセス:257人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 273m / 累積標高下り 278m
活動時間1:08
活動距離3.32km
高低差129m
カロリー664kcal

写真

動画

道具リスト

文章

私、虫が苦手なんです。 蜘蛛は特に苦手です。 山の中、林道を歩くと顔に蜘蛛の巣、これが一番嫌です。 私の顔にだけペタッとくるんです。 私、180を超える大男なんです。 もう一度いいます、私の顔にだけくるんです。ペタッと!(≧▽≦) この悩みは大男でしかわかってもらえそうもありません。

余談になりますが、血は争えないもので息子も虫が苦手です。 以前ですが、息子の部屋から「ぎゃー」っという悲鳴、出たんですチャバネゴキブリ、フマキラーを持って駆けつけると、たぶんチャバネのやつもこちらがビビっているのを見透かしたんでしょう、「なんと来るんです、来〜るんです、こちらへ」(ここはカビラ慈英風に)、虚をつかれた私と息子はわ〜わ〜と逃げまどいます。
そこへ登場、わが家の頼れるお方。 「も〜、なにやってんのよ〜。」と、半袖から突き出たたくましいポパイのような二の腕、短い腕の先には束になった新聞紙、ゴキブリの額からタラ〜リと脂汗 (たぶん、見えませんが) そ〜っと距離を詰めると蛇に睨まれたカエルとでも言いましょうか、だんだん距離は縮まり勝負は一瞬でつきます。 その後、ティッシュで簡単に処理。
そのたくましい二の腕、「と〜ってもス・テ・キ なんでございま〜す。」(ここは山田べにこさん風に)
親子の血のつながりとともに、夫婦ってあらためて他人だな〜と思い知らされます。

本日登る山はみそこぶし山、先日登った一目山から見た尾根道の先が見たくなりました。 きっと開けた尾根道だろうと思っていたらとんでもない。 迫ってくる熊笹にいっぱいの水滴。 899円の運動靴はびしょ濡れ、朝日に照らされた蜘蛛の巣を見たときに撤退を決定。

やっぱり防水の登山靴とスパッツがあればな〜と思いましたが。 口に出すと「それって幾らぐらいするん? 3000円ぐらい?まさか5000円もするんやないやろね。」 って言うに決まってます。 まさか「2~3万やからおまえがパチンコや止めればいいやん。」って言い出せるはずもなく、新聞紙の一撃でペシャンコになったチャバネのようにはにはなりたくないので、この思いは墓場まで持って行く事にしま〜す。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン