YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

柿其渓谷(かきぞれけいこく)

たくさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:三重, 長野, 岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:三重
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

南木曽岳

2015/08/02(日) 10:08

 更新

柿其渓谷(かきぞれけいこく)

公開

活動情報

活動時期

2015/07/30(木) 11:25

2015/07/30(木) 14:08

アクセス:757人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 774m / 累積標高下り 648m
活動時間2:43
活動距離4.51km
高低差206m
カロリー1249kcal

写真

動画

道具リスト

文章

猛暑を避け、長野県木曽郡南木曽町の柿其渓谷(かきぞれけいこく)へ、愛犬ポンタと滝巡り。
次の日は南木曽岳登山を予定しているので、5月にお世話になった南木曽山麓蘭キャンプ場泊で、のんびりトレッキング。
南木曽町イラスト・ガイドブックによると、
「江戸時代、柿其渓谷は全山留山で里人の入山は禁止。牛ケ滝でさえ轟音のみで、見物できなかった!」とのこと。
牛ケ滝、ねじだる、霧ケ滝、箱渕、雷の滝といった欲張りコースを選択。
駐車場から渓谷入口に入り、桟道を登り下りして牛ケ滝に到着。エメラルドグリーンの清流で、涼しく気分爽快。
途中の畑には電気柵が設置されている。それと、モンキードッグの柴犬が2頭。ポンタを見ると吠えまくり。
ポンタは、まったく無視(ポンタは余程のことが無い限り人や犬には吠えないフレンドリー犬なのだ)
次に、登山道を登り林道に出て、雷滝の方へ出発。
途中のゲート、不動岩を過ぎ無事に霧ケ滝に到着。展望台も設置されており、これまた気分爽快。
次に雷の滝に向かう頃、天候急変。雷鳴はないもの、いきなりの豪雨。
雨対策ゼロでびしょ濡れ(山をなめたらイカンと自省)で、雷の滝は諦めて退散。
途中、ポンタの足がピタ!と、前方に子供のカモシカが出現。ポンタは吠えまくり駆け出しそう(猟犬の血が騒ぐ)
リードがなかったら、突進だ。
「猿の谷渡り橋」、「かもしか返り」といった地名があるので、猿やカモシカが多いのかも。
そうこうするうちに、雨も止み、無事に駐車場へ帰還。
宿泊先の南木曽蘭キヤンプ場へ到着。再会を祝し、管理人さんとカンビールで乾杯、懇談し愉快な一日となった。
今回の山行用に「南木曽町プレミアム付旅行券」をインターネットで予約購入(1000人で完売)
1万円で1万3千円とお得で、地元の人は購入できない(地元の人は、1万円で1万2千円のプレミアム商品券を購入)
プレミアム商品券の購入をめぐっては、各地で混乱(問題)発生。先着順が特に問題となっているが、南木曽町商工会のような郵送、インターネット予約が良いのにな~と、思った次第。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン