YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

赤岳(日帰り)~会社の仲間との登山に家族で参加。

ShizCさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

八ヶ岳

2015/08/02(日) 22:31

 更新

赤岳(日帰り)~会社の仲間との登山に家族で参加。

公開

活動情報

活動時期

2015/08/01(土) 07:15

2015/08/01(土) 18:15

アクセス:115人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,384m / 累積標高下り 1,393m
活動時間11:00
活動距離11.87km
高低差1,223m

写真

動画

道具リスト

文章

会社仲間の登山に家族で参加しました。総勢大人8名+子供1人です。

今回は八ヶ岳そばにある会社友人の別荘に前泊し登った日もここにお世話になるという贅沢なプラン。
友人のご家族の方々も非常に良くしてくださり、とても充実した週末になりました。

当日は朝7時少し前にやまのこPに到着。残りあとわずかでしたがギリギリ駐車できました。
とても天気が良く登山日和な予感。
支度を整えて7:15に出発します。

南沢ルートの最初は苔むしたとても雰囲気のある道を進んでいきます。
途中川を何回か渡りながら進むと時期に枯れた大きな河原になり、ここまで来ると
横岳や大同心、小同心が見えてきます。
ほどなく進むと行者小屋です。

夏休みの土曜日、沢山の人でにぎわっており、テントもかなりありました。
ここまでで2時間30分、モデルタイムより30分ほどビハインド。
どうしても行者小屋以降の急登に目がいきがちですが、
後から改めてチェックするとここまでで650mも高度上げているんですね。

20分ほどの小休止の後、文三郎尾根へ。
ここがとにかく辛かった。ベビーキャリアを使ってから一番の急登、しかも気温も上がってきて体力の消耗も激しくかなりの時間を要しました。
何度諦めようと思ったかわかりませんが、仲間の温かい励ましでクリアしました。

文三郎尾根分岐で小休止。キュウリをかじりアミノ酸補給して最後の200m。
登る前はここが一番の心配でしたが、その前の文三郎のインパクトが大きすぎるのか、
それほどでもなくクリア。
かなり予定をオーバーしながらも無事、山頂に立つことができました。
遠くのアルプスや富士は残念ながら望めませんでしたが、
八ヶ岳の山並みは十分に楽しめました。

赤岳頂上山荘付近でお昼を取り、下山を開始。
何度か赤岳の雄姿を名残惜しく見返しながら、
地蔵尾根経由で行者小屋に戻りました。

この時間でも行者小屋はまだまだ沢山の人で賑わっていました。
ゆっくりビールを飲む人が多く、テントの数も増えていたので今日はここで一泊する人たちでしょう。

30分ほど休み、南沢を下りましたが、これまでの疲れがだいぶ脚に出だして、
さらにペースが落ちてしまいました。遠くで雷の音が聞こえ出しましたが、急ぐこともできず
出来ることはコツコツと下りるのみ。

雨に降られずになんとか駐車場まで辿り着くことができました。
最後までサポートしてくれた仲間に感謝です。

お風呂でさっぱりした後、ベランダでのバーベキューで締め括り。贅沢な1日でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン