YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

真夏の雨乞岳 鈴鹿セブンマウンテン5座目

ねこ1号さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:山歴は20数年。
    以前は高山中心でしたが、最近はアクセスのいい低山でのトレイルランニング、スピードトレッキングにはまってます。
    とはいえ陸上、長距離経験は皆無、しかも大柄な体でどう考えてもトレラン向きではないのですが…頑張ってます。
    レースにはあまり興味はなく、どちらかというと登山よりの考えです。

    コンセプトは、
    早く登って早く降りれば、温泉入って美味いもん食べて夕方には帰れる!

    猿投山、明神山、宇連山、鈴鹿山脈あたりによく出没します。
    夏場は八ヶ岳、南アがメインになります。


    毎年GWは西表島へ遊びに行きます。
    西表島は…山です。
    ジャングルトレッキングは西表島ならではの楽しみです。全身で西表島の自然を感じられます。
    ガイドは、カラカラさんにお世話になってます。
    http://www.iriomotekarakara.com/
    豊富な知識で西表島の遊びをサポートしてくれます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

御在所岳(御在所山)・雨乞岳

2015/08/02(日) 21:08

 更新

真夏の雨乞岳 鈴鹿セブンマウンテン5座目

公開

活動情報

活動時期

2015/08/02(日) 09:24

2015/08/02(日) 13:41

アクセス:1561人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,436m / 累積標高下り 2,444m
活動時間4:17
活動距離10.61km
高低差619m
カロリー2558kcal

写真

動画

道具リスト

文章

下界は暑いだろうな~
3,000mの稜線は涼しいだろうな~
なんて思ったものの、先週甲斐駒ヶ岳にアタックしたので今週は近場で。
鈴鹿セブンマウンテンの中でもほかの山に絡めにくい雨乞岳に向かいましょう。

しかし暑い…と思いきや、意外と涼しい。
といっても、耐えられる、というレベルですけどね。

初めて登る雨乞岳、
武平峠からの最短コースは標高差500m、片道4キロ程度。楽勝!と、思いきや、意外と進みにくい…何度も渡渉を繰り返し、微妙に滑りやすいルートでなかなか辛い。
しかもこの暑さ…熱中症、脱水症状を防ぐため、ペースアップは禁止。Lowペースで登る事にしました。

樹林帯から山頂へ向けては笹山。
ショートパンツじゃチクチクする…とおもったら、足にアブが何匹か…!!
アブと格闘しながらの笹の急登はストレスの限界。
山頂での憩いはそこそこ、即下山開始。

下りも無駄話しながらのんびりペースで歩いてたら、いつの間にか下山してました。
標高差も低く、沢沿いの変化のあるコースは軽くワンデイハイクにはよい山でした。
下山したらとにかく川!水浴び!
この瞬間の為に登るのです(笑)

追記:
質問があったのでここでも紹介します。
仲間の女性が着てるウェアは、
ホグロフス
パルスzipシャツ
インテンススコート
です。
スコートは中にショートパンツがついていて、薄手の素材で通気性もよく、足さばきも楽だそうです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン