YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大峯早駈

たかGさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:マラソンからトレランへのお決まりパターンです。
    いつかは、テン泊とか憧れます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大峯奥駈道(北側)

2015/08/04(火) 08:42

 更新

大峯早駈

公開

活動情報

活動時期

2015/08/03(月) 03:56

2015/08/03(月) 14:46

アクセス:204人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,986m / 累積標高下り 2,983m
活動時間10:50
活動距離42.51km
高低差1,307m

写真

動画

道具リスト

文章

トレランイベント。参加者30名くらい。
大会といっても、エイドなし案内なし。
全て自己責任です。
午前4時スタート。
既に蒸し暑い。
3年連続出場の方が、こんなに暑いの初めてと言われてた、、、
もっと肝に銘じておくべきでした。

小笹の宿の水場でハイドレ1.5満タン、ペット500ml満タン。
これで川合の里におりるまで大丈夫と思ってたのです。

大普賢までは、ほぼ予定通り。

行者還までが時間かかった。
行者還の水場、ちょろちょろ出てたが、スルー。

弥山の登りでへばり、ハイドレ早くも空に、、、
想定では、ハ経で6時間午前10時が弥山ですでに6時間10分過ぎ。
弥山の小屋は、やはり閉まってました。 補給出来ず。
ベンチに座って、参加賞の柿の葉寿司を頬張り、貴重なPETの水を一口。
小休止のあと今年3度目の八経へ。
山頂はスルー。
しかし、風が全くない、暑い。
下りも口を開けて走ったら喉が渇くのでほぼ歩き。
下りとはいえ、10数キロ長い。
最後の激下りで二人に抜かれる、みんな、水が水が言ってました。

川合に降りてようやく自販機。
とりあえずビール。ついでにPET1本。
みたらいの遊歩道で沢水に出会う度に、水をごくごく、頭や足にジャブジャブ。そして、長い階段(≧∇≦)
前の方に追いついて、しばらく並歩。
気分悪くて走れないと言われるので、お先に残り数キロ走ってゴール。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン