YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初アルプスは涸沢カール。

さくらさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ダイエットで始めたウォーキングがいつの間にか登山に変わり、今ではすっかり山にはまっています。
    2人の娘たちも山好きにするべく奮闘中(笑)だったのですが
    目論見通り次女が山にはまってくれました。(^_^)v
    アルプスデビューも果たし、これからは『年に一度はアルプスへ』が目標となりました。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/08/19(水) 11:34

 更新

初アルプスは涸沢カール。

公開

活動情報

活動時期

2015/08/14(金) 06:21

2015/08/14(金) 15:43

アクセス:495人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 960m / 累積標高下り 157m
活動時間9:22
活動距離16.03km
高低差805m

写真

動画

道具リスト

文章

13日、夜行バスで上高地へ出発。
14日、近づくにつれて雨がポツポツ。
釜トンネルあたりで大きな大きなバケツをひっくり返したような雨に・・・。
「えっ、こんな雨の中歩くの?」って、いきなりの不安材料。
5時半ごろ、上高地バスターミナルに着いた時には少し小降りになってました。
天気予報では快復に向かうとのこと。
ゆっくり朝食食べて、レインウェア着て6時半ごろ出発です。
横尾まではアップダウンもほとんどなくハイキングです。
天気が良くなく穂高連峰は雲の中に隠れてました。
その代りと言ってはなんですが、雨のおかげで緑が瑞々しく綺麗でした。
雨も上がってきたので暑かったレインウェアを脱ぎ、ウキウキしながら歩きます。
横尾で軽く食事して、登山の始まりです。
横尾大橋渡ってちょっとしたら、携帯が圏外に。
それだけですご~く山へ来た感じ。(笑)
本谷橋までは歩きやすい道でした。
途中、雨が降ったり止んだりでしたが、
雨で濡れてるのか、汗でぬれてるのかわからない程度だったので
レインウェアは着ずに登ってました。

本谷橋からすぐにけっこうな急登。
そして、岩がゴロゴロ、アルプスだぁ~。って感じ。\(^o^)/
そんなに危険なところは無かったと思いますが、
片側が切れ落ちてて、滑落したら大変ってとこも何ヶ所か有りました。
残念ながらそこで写真を撮る余裕は、私にはありません。m(__)m

ヒュッテ到着は2時半ごろ。
横尾を出たのが10時半ごろ、横尾から涸沢迄4時間はかかり過ぎかな?
もっと、体力付けなければ・・・。

今回レンタルテントをかりて涸沢で一泊。
キャンプ慣れしている甥っ子が居て重宝しました。(^_^)v
夜は寒いぐらいで、フリース着てちょうどいい感じ。
それでも飲みました。ビール。美味しかった~~!
涸沢って生ビールがあるんです。
生ビールにおでん、もう、おっさんのようです。(笑)

涸沢からの穂高連峰の眺めは本当に素晴らしい!
甥っ子は奥穂や、北穂を眺めながら、
「次はあそこまで行きたいな。」っと言ってました。

夜は少し雲もあったんですが、明け方まだ太陽が出る前に起きて(4時前)
空を見上げたら、すっごい星。
星ってこんなにあったんだ!って感動。
流れ星も見ました。

そして、モルゲンロート。
穂高が赤く染まって行きます。
もう、言葉無いです。
ただ、見惚れてました。

今回は日程の都合で一泊のみ。
下山は来た道を下ります。
7時に涸沢を出て上高地に11時45分着。
5時間掛かってない、下りは早い!(苦笑)

今回は甥っ子には少し物足りなかったとは思いますが
4人とも初めてのアルプスなので、これぐらいがちょうどいいかなと思ってます。
少しずつレベルを上げていけたらいいかなと。
なんと言っても安全第一で、「登ったら必ず無事に下山する」をモットーに山を楽しみたいです。


15日、私たちが涸沢から下山している時間帯に、
若い女性の方が涸沢槍から滑落して亡くなられたそうです。
前日、同じ涸沢に泊まっていたのかな?って考えると
他人ごとではないような気がします。





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン