YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

蒼天!槍穂縦走(2)

よっちさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:はじめまして。神奈川で化学系の製造業の研究開発支援の仕事をしている、よっちといいます!

    2015年2月から登山を開始しました(・∀・)v丁度、一年半ぐらいになったので、プロフの更新を…笑

    いままでのお山ベスト(2016年暫定)
    1.剱岳北方稜線
    2.鳥海山
    3.水晶岳〜赤牛岳
    3.ジャンダルム

    いままでのお山ルートワースト(2016年暫定)
    ※お山はどこも素晴らしいので、ひどい目に会ったルートにしておきます笑
    1.鋸岳・角兵衛沢
    2.池ノ平ガリー
    3.読売新道


    2016、2017年 これから行きたい冬山とエリア 何処へゆこうかー
    ●西穂高岳(冬)
    ●赤岳・権現岳縦走(冬)
    ●仙丈ヶ岳(冬)
    ●甲斐駒ケ岳・黒戸尾根(冬)
    ●五竜岳(冬)
    ●富士山(冬)
  • 活動エリア:東京, 山梨, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:北海道
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/08/17(月) 10:48

 更新

蒼天!槍穂縦走(2)

公開

活動情報

活動時期

2015/08/16(日) 04:16

2015/08/16(日) 14:13

アクセス:498人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,210m / 累積標高下り 2,778m
活動時間9:57
活動距離21.25km
高低差1,605m
カロリー4576kcal

写真

動画

道具リスト

文章

さて、槍穂2日目。

槍ヶ岳山荘テン場でテントを3:00に畳み、4:00出発し、5:00の夜明けを待ちます。

まあ、、なぜそんなに早いのかと言われると、隣のグループが2:00に出発し、その準備の音で眠れなくなり、暇になったので…(´;ω;`)

ちなみに夜明けは、槍の隣山、大喰岳で待ちました。こっちの方が日の出の風景は良いですよ!強くオススメです(*´ω`*`)槍の影で見えない北アの山々が一望できます。

なお、出発ボタンを押してから日の出を待ったので、タイムは1時間ほど増しです笑。

大喰岳からの日の出は最高でした。雲海と槍、常念や燕、蝶との日の出のコントラストは、もう何と言っていいやら(´・ω・`)

その日の出を堪能後、出発!

大喰岳→中岳頂上までの登りはキツめ。中→南岳間は岩場が多く、岩が苦手ならダメかも笑。道もロストしやすいです。その2つの山を越えると今回の主役、大キレットです。

さて、大キレットですが、南岳の急降下直後の下り以外、長谷川ピークまでは、かなり行きやすいです。その後のナイフリッジなども問題なしかと(´・ω・`)大キレットの写真や動画で長谷川ピークを見ると「大キレットこえー」になりがちですが(私がそう)、実際、足場や鎖場は安定していますし、足を掛けるポイントも選択肢多めです。

ただ、A沢のコル→飛騨泣きは、非常に怖い岩場です。一見、足をかけにくく、岩場の段差が高い。ミスは即滑落の足場です。ただ、ゆっくり探れば上がれるポイントがあるので、すぐ登らなきゃ!と慌てずに、登りにくい箇所から登ろうとしないようにすべきです。それに浮石が多いのも要注意。ここでの落石は、道の構造上、即、大事故につながる気がします。ちなみに、有名な飛騨泣きの難所ポイントは楽勝です(´・ω・`)vその前後が恐ろしいです。すれ違った人も、剣岳より怖いといっていました。

北穂高岳小屋直下も急登の岩場ですので、油断しないよう登りましょう!敵はやはり落石です。

今後、大キレットに登る人にオススメするならやはり南岳→北穂かと。北穂→南岳は、私は行きたくないです…。北穂から岩場を下っていくとき、足を掛けれないと感じてしまうポイントが多いように思え、きっと焦ります。最初は南岳から挑みましょう(・∀・)

その後の工程は、北穂高岳→涸沢→横尾→上高地の順でした。当初、涸沢で泊まりの予定でしたが、北穂高に9時でしたし、上高地バスに間に合ってかつ温泉も入れるんじゃないか?と考え、急遽帰路へ。疲れたのでテン泊ではなく、自宅で眠りたくなりました笑。

北穂高岳→涸沢間は1.9kmですが、騙されてはいけません笑。涸沢からの登りだと、ここは槍までよりキツイ急登です。北穂高岳はどのルートも行くのは大変ですね(´・ω・`)

涸沢→横尾は非常に楽ですね。涸沢ヒュッテは上高地から行きやすいテン場と感じました。

横尾→上高地間は、、、まあ、そのなんと言いますか、、、一言だけ。もう、帰り道の最後に11キロは勘弁です…(´・ω・`)

登山後は小梨平キャンプ場で銭湯に入り、松本で山賊焼きを食べて、これにて終了です!

しかし、今回は全体的に晴天に恵まれ良い山行でした。
ぜひみなさんも北アルプスへ!(*´ω`*`)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン