YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

晩秋の釈迦ヶ岳(大峰)

ヤマノボラー・Minaphmさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.1283
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:週末ヤマノボラーです。山に登り始めてはや40年、滋賀に来て20年を超え、鈴鹿、比良、比叡、湖南の山はほぼ一通りは登りました。最近は京都北山、伊吹山地、野坂山地も歩いています。夏は毎年一度日本アルプスに登っています。詳しくはこちらをご覧ください。http://minaphm.wktk.so/mountainfs.html
    こだわりは、眺望と花です。山から山の眺望は、片方からもう片方が見えたなら、できるだけもう片方からも眺めてみて写します。滋賀の山と京都北山は上記HP上で4500枚以上公開中。山で見た花も、高山植物175種類以上、その他600種類以上を公開中です。三角点にもなぜかフラフラと吸い寄せられます。ただの石の棒なのにね^^
  • ユーザーID:226520
    性別:男性
    生まれ年:1961
    活動エリア:滋賀, 京都, 三重
    出身地:和歌山
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他
釈迦ヶ岳(奈良県)

2017/12/25(月) 22:48

 更新
奈良

晩秋の釈迦ヶ岳(大峰)

活動情報

活動時期

2017/11/23(木) 09:54

2017/11/23(木) 14:12

ブックマークに追加

アクセス

685人

文章

 勤労感謝の日の釈迦ヶ岳は、強風が吹いていました。双子低気圧が発達しながら東へ離れていくタイミングでした。晩秋のはずが、初冬の様相。北西から吹き付ける風が強い分、霧氷がよく成長してくれたようで、標高1600mを過ぎたあたりから、樹々は真っ白に氷化粧(?)していました。山頂のお釈迦様も、光背の後側にみごとな霧氷を付けておられました。
 下りで、ようやく眺望が開けました。標高1570mあたりから、大峯奥駈道が通る大峰主稜南部の峰々が現れてくれたのでパノラマにしてみました。大峰山脈終点の遥か玉置山まで、たくさんの峰を同定できました。
 十津川側、旭ダム奥の林道の太尾登山口からの往復です。合計6名のグループでの登山です。短時間、短距離で1800m峰に登れる、この季節にはありがたいルートでした。山頂付近、雪が凍って多少滑りましたが、アイゼンを取り出す程ではありませんでした。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間18分
  • 活動距離活動距離8.16km
  • 高低差高低差501m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り763m / 779m
  • スタート09:54
  • 2時間3分
  • キャンプ場11:57 - 11:58 (1分)
  • 15分
  • 釈迦ヶ岳12:13 - 12:27 (14分)
  • 1時間45分
  • ゴール14:12
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン