YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

英彦山

KURANOSUKEさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:SMING 改め KURANOSUKE

    2012年11月 ふと思い立ち

    紅葉を観に英彦山へ。 

    そこで山に魅了され・・・

    2013年7月 YAMAPに出会い

    さらに山の楽しさを知り

    ハマりました^^


    主に水曜日に出没する

    平日山ノボラーです^^

  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1971
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

英彦山

2015/08/19(水) 13:53

 更新

英彦山

公開

活動情報

活動時期

2015/08/18(火) 08:10

2015/08/18(火) 12:29

アクセス:495人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 724m / 累積標高下り 734m
活動時間4:19
活動距離5.97km
高低差562m
カロリー2216kcal

写真

動画

道具リスト

文章

長文ですが、内容は無いようです。
月曜、お昼 天気予報を見ると、いつの間にか火曜日の降水確率が0じゃないですか。
ならば急遽休んで久住にでもと。 盆も休まず仕事してたからいいよね?

夕方 仕事の相棒が、飲み行こうよと誘い。むむっ。
明日、山行くから9時には寝るよと。
んじゃ8時まで飲めるよね? た、確かに。
という訳で、仕事を早めに切り上げ、近場の居酒屋開店と同時に5時スタート。
時間が無いとピッチが早い。生ビール、赤霧ロック、黒霧ロック、白波ロック、ロック、ロック・・・
ふと気付くと8時を回ってる。 ラスト一杯。 もう一軒という彼の誘いを振りきり、
なんとか9時過ぎに就寝。 3時アラームが鳴る。6時に設定し直し即、二度寝。

6時。酒は抜けてるが、テンションは上がらず。
とりあえず急いでザックに荷物を詰め、7時前に車に乗り込む。
おっと、温泉に入った後に穿くぱんつを忘れた、家に戻り、ポケットに。
久住方面に向かうもぼーっとして小郡ICを通り過ぎる。
ん~何か駄目だな今日は。近場にしようと目的地を英彦山に。
鬼杉や玉屋神社に行ったことないし、涼しくなったらやろうと思っている、
古処山~馬見山縦走の帰りの足として、チャリをデポする場所と小石原~秋月間の
距離と車道の高低差も確認したかったしね。秋月まではほぼ下りだけど、
縦走後のチャリで20kmはきつそうだ。

8時 別所駐車場。一番乗り。
まずは奉幣殿に。 参拝。 茅の輪があったのでくぐる。
登りだして直ぐに滝のような汗が。 昨日の芋ロックだろうね。
木陰にザックを下ろしてタオルを取り出そうとするも・・・。
また、忘れた。この夏の山登りでタオルを。
呆然としながら何気にポケットに手を突っ込むと布っぽいものが。
出掛けに入れた、ぱんつ。 この際、拭けるものにはかわりは無い。
渡りに船。 暗闇に提灯。 地獄にぱんつとは正にこの事。
その後は、流れ出る汗を拭きつつ、時折ぱんつを頭に被りつつ(ウソ)上宮へ。
コンビニ弁当を食べ、新設されたバイオトイレを見学。
鬼杉、玉屋経由で下山しようと一旦は南岳に向かうも、気が乗らない。
そのままUターンし来た道で下山。 

ゆっくり温泉でも浸かって帰ろうとしゃくなげ荘へ。
サウナで寝転んで腹筋をしてると、身体柔らかいね~何かスポーツしてるのと老紳士。
今は山登りだけですね~と答えると、その老紳士は北アルプスやヨーロッパアルプス、
ネパール方面等などの山に登った事のあるベテランの方。
サウナ、冷水、サウナ、冷水、サウナ、冷水、サウナ、冷水、サ・・・とタイミングが同じで、
貴重なお話を聞かせて頂くも、人生初めてサウナ勝負に負ける。
のぼせあがる前に撤退。

さて、山登りで穿いてたぱんつか、山登り中に汗を拭いたぱんつを穿くか。究極の選択。
う~む。 のーぱんを選択。 安心してください。ズボンは穿いてますよ。

と言う一日。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン