YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

憧れの槍ヶ岳🎵

はまっちょ♪さん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:キレイな空気と素晴らしい景色を求めて、月に2回ほどお山に登ってます♪

    https://instagram.com/hamaccho0102/
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/09/25(金) 08:16

 更新

憧れの槍ヶ岳🎵

公開

活動情報

活動時期

2015/08/17(月) 12:55

2015/08/19(水) 15:17

アクセス:97人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 7,281m / 累積標高下り 7,255m
活動時間50:22
活動距離43.50km
高低差1,663m

写真

動画

道具リスト

文章

1日目、新穂高温泉登山口で仮眠後、前日からの雨が止む気配すらなくザザ降りの状況でしたが、天くらとにらめっこしながら、とりあえず出発。
穂高平小屋を過ぎて白出沢出合手前の林道で下山する登山者が、この雨で沢が増水し渡れない、引き返したほうがよいと助言してくださったので、ひとまず下山することに。今ならまだ間に合うということで、急きょ上高地側からのルートに変更。
上高地バスターミナルについたのが、ちょうど12時ごろでした。
昼食後、上高地~明神池~徳沢~横尾。
雨はまだ止まず、まわりの景色はどんよりしていて、重たいザックが余計に重く感じました。

1日目はここまで。横尾山荘に宿泊。
なんとこの山荘、せっけん類は使えないもののお風呂に入れる山荘。お湯に浸かれるだけでもありがたい上に、ひとり畳一畳分ほどの寝床、新しいシーツと至れり尽くせり。コース変更で12キロ余分に歩いてヘロヘロでしたが、こんなご褒美いただけて疲れもとれました。

2日目、槍沢ロッジを目指して沢沿いの道を歩きます。平坦な道のりを写真撮ったり河原に降りたり、まだまだ余裕(笑)

槍沢ロッジからババ平まで少し登り。そこから槍沢大曲までは平坦な道のりが続きます。まだ元気。まだ行けそう。
ここを過ぎると、沢からどんどん離れて登りだします。幸い登山者も少なかったため、自分のペースで、しかも写真も撮りながら進めました。槍ヶ岳が見えるまで、3ヶ所ほど水場があり補給。冷たくて美味しかった~

しばらく登りが続き、やっと槍ヶ岳が見えてきたころは、かなりの疲労。憧れの槍様が見えてテンションは上がりましたが、ここからが自分との闘い。
目の前の槍ヶ岳は晴れたりガスったり。
すぐそこなのになかなか着かない。まだまだ甘いなって言われてるようでした。
10歩歩いて少休憩…こんなことを何度も繰り返していたけど、我慢して休憩とらないほうが疲れが溜まらなかった。と、後から反省。
途中、あまりにバテバテだったので殺生ヒュッテに寄り、カレーライスでエネルギーチャージしました(笑)超⤴⤴旨い!回復~
あと少しで槍ヶ岳山荘!しかし、そこからかなり時間がかかったのはいう間でもない。

やっとの思いで着いた山荘。目の前にはあのトンガリ!
早速登りました。岩場は怖くはなかったけど、垂直梯子はさすがに足が震えました。幸いにも登りはガスっていて、下が見えない状況だったし人もワタシと相方の貸しきりだったので、ゆっくりゆっくり、憧れの槍ヶ岳のてっぺんまでの道のりを堪能していました。
最後の梯子を登り終えたとき、感極まって涙が出ました。そしてここまで来れたこと、励まして一緒に登ってくれた仲間、お天気、景色、全てに感謝でした。
てっぺんは想像以上に広かったのと、岩ゴロゴロ。一瞬の晴れ間に見せてくれた360度遮るものがない景色は一生忘れられない。

今回、槍ヶ岳への準備は体調も体力も万全にしようと準備をしてきましたが、実際来てみて、予期せぬ天気だったり、それに伴う体力の消耗だったり、ザックの重さ(これが一番きつかったかも)だったり、考えさせられること、反省点がいくつか分かりました。
また、年齢的にもこれが最初で最後だと思ってのチャレンジでしたが、この反省点を見直して、もっともっとトレーニングして、できればまた来年チャレンジしたい。

今日の♨ひらゆの森♨
透明なお湯、少しつるつる感あり。リンスインシャンプーなので、コンディショナーは不可欠。




コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン