YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

月1定例登山(宝満山・朝駆け編)

karenさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:お山のてっぺんから見る景色はどんなだろう…と思ったのか、登山を始めるきっかけでした。そして、自分の足で頑張って歩かないと見ることのできない景色の素晴らしさを知ってしまってからは、山に足が向くようになってしまいました。
    低山をふらっと気ままに登るのが好きです。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

宝満山・三郡山・若杉山

2015/08/20(木) 23:00

 更新

月1定例登山(宝満山・朝駆け編)

公開

活動情報

活動時期

2015/08/20(木) 04:28

2015/08/20(木) 10:12

アクセス:211人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 756m / 累積標高下り 764m
活動時間5:44
活動距離5.92km
高低差675m

写真

動画

道具リスト

文章

ツチノコ師匠との月1定例登山。先月は都合があわず1回お休み。今回は2カ月ぶりのお山となりました。
天気も悪そうなので、今回は近場の宝満山へ。そして朝駆けをしてみようということになりました。

「お天気、大丈夫ですかね~」などと話しながら、準備してると雨が・・・。
早速、レインウエア装着。出発。
久しぶりの正面はやはりきつい。足が上がらない。ふくらはぎがつりそう。
結果、休憩が増え、ご来光には間に合わなさそう。というか、間に合ってもこの天気では拝めない。
師匠が一言。「ゆっくり登ろう」
どこまでも優しいツチノコ師匠でした。
それからは、すれ違う常連の方達と多少の会話を交わしながら、登山。
早朝の雨の中、登られる常連さんたちは、皆さん身軽。大きなザックを担いでる私達は、ことごとく
「訓練ですか?」と聞かれました。

中でも、70歳といわれてた、かなり引き締まった体つきの男性と師匠は、そのボディの秘密について、しばらく談笑していました。横で、話を聞いていた私のところに、1匹のアブが。
振り払うのに必死な私でした。

山頂ですが、予想通り、誰もいませんでした。参拝をして写真を撮って早々とキャンプセンターへ。
朝ごはんはツチノコ師匠お手製のアボガドサンドと先日入手したコロンビアコーヒー。
どちらも美味しい。頑張って登った最高のご褒美。

今日の予定では、三郡山まで縦走するつもりでしたが、雨もひどくなったし、下山することにしました。
しかし、まだ時間も早いし、ここで終わるのも、もったいない。
どこか近くの山へ行こうかとの話になり、ツチノコ師匠が登ったことのない立花山を提案しました。
「そこは、景色が見えるときに行きたい」すかさず、即答。却下。
まあ、当然ですね。
ならば、景色を楽しむのではなく、木がたくさんあるあの場所へ行くことにしました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン