YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鷹取山①~オヤジソロで道迷い

はちさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:不惑の歳を前にしてアウトドア(キャンプ・ハイキング)に興味を持ちました。いつかは屋久島に向かいたいです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

高良山・枡形山・耳納山

2015/08/24(月) 10:36

 更新

鷹取山①~オヤジソロで道迷い

公開

活動情報

活動時期

2015/08/22(土) 15:48

2015/08/22(土) 19:22

アクセス:180人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,087m / 累積標高下り 1,026m
活動時間3:34
活動距離9.28km
高低差623m

写真

動画

道具リスト

文章

当日はお昼で仕事を終え、20時から杷木で用事があったため、その間に登れる山は…とヤマップで検索し、鷹取山とチョイス。

16:00〜登山開始
17:30 少し迷いながら山頂へ 山道を抜けて明るみにでて、「やった!山頂。」と思ったら、最後の林道でフェイントをくらい、山頂探しで10分…予想外の急登と歩きにくい登山道で時間を悔い、山頂でコーヒーだけ飲み…
18:00〜下山開始
18:20 えぐ水との分岐へ。なかなか来ることもないだろうから・・・と下りはえぐ水コースをチョイス。これがいろんな意味で間違い。

ここから20分間ぐらい、えぐ水コースを見失い、分岐へ戻ろうとシダ植物とぶっ倒れてある倒木をアップダウン…おっさん半泣き。どこかで読み聞いた沢を下ると道迷いになる…が頭をよぎり続けるが、仕方なく沢を下る。道迷いが始まった地点へ到着。ここで、昨日届いたペツルのヘッドライトを思い出し、まず装着。冷静に道を探すとそれらしい道が…おそるおそる下ると、木についてる黄色いしるしが目に入りだし、何とか下の林道へ抜け出た。さらに下山コースもあったようだが、そのまま舗装路をトボトボ歩いた。

19:30下山終了

(今後への反省)
◯初めての山に登るのに、スタート時間、登山計画の失敗がそもそもの原因
◯まだ、上りでえぐ水、下り遊歩道だったらよかったかもしれないが、沢を下ったのが失敗
◯車で頂上まで上がれる山なので、普段から登山者は少ないのかも…道幅は広くて1m、狭い所では50センチ
ぐらいに感じたので、遊歩道の方でも、道を見失いかけるぐらい。

(その中で救いだったこと。)
◯一応、25,000分の1、10,000分の1の地図とコンパスを携帯していたので、最悪は舗装路へ向けて沢を下るしかない、と方向は確認できたこと。
◯よく登山装備で言われる、地図・コンパス・レインウェア、ヘッドライト、水、食べ物は持っていた。今回はヘッドライトに助けられた。

(これを見られて鷹取山へ初めて向かう方へ)
遊歩道は途中から、道の真中が40センチぐらいエグれているところが続き、小さな子供さんは登りにくいです。道さえわかれば、上りも下りもえぐ水コースの方がまだ歩きやすいかも。でも子連れ登山計画としては、他に適した山が多数あるように思います。上りは結構急登で、景色も山頂までありません。山頂の景色は北、南側で全く違い大変良いと思います。私が言うのもなんですが、お早めの行動を心がけくださいまし。

後の自分に向け記録してみました。反省…反省…

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン