YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

槍・笠縦走 1/3日目 APC0.79

秀とろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    小6の息子、小2の娘、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。

    YAMAP地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    APC値(Actual time Per Course time)(勝手に命名)を記録してます。

    定義:APC値=(実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)
    ※ただし、昼飯などの長い休憩はAPC値に含めてません。
    ※参考程度の数値です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・Lv11をMAXに設定している訳ではありません。それより難しいのはまだ行ったことがないだけです。
    ・ご意見があればメッセージをください。

    Lv1 六甲山(兵庫)魚屋道、高尾山(東京)全ルート、木曽駒(長野)千畳敷カールから中岳経由

    Lv2 木曽駒(長野)中岳の巻道、至仏山(群馬)東面登山道

    Lv3 空木岳(長野)大地獄・小地獄、伯耆大山(鳥取)ユートピア、岩殿山(山梨)稚児落とし方面

    Lv4 六甲山(兵庫)芦屋地獄、六甲山(兵庫)AB懸ルート

    Lv5 宝剣岳(長野)北陵、槍ヶ岳(長野)槍の穂先、空木岳-桧尾岳間(長野)

    Lv6 宝剣岳(長野)南稜

    Lv7 六甲山(兵庫)西山谷、石鎚山(愛媛)三の鎖、試しの鎖

    Lv8 六甲山(兵庫)大月地獄、中俣、剱岳(富山)別山尾根、金峰山(山梨)五丈岩

    Lv9 六甲山(兵庫)A懸岩

    Lv10 鳳凰三山(山梨)オベリスク頂上岩

    Lv11  六甲山(兵庫)プロペラ岩

  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/08/31(月) 18:19

 更新

槍・笠縦走 1/3日目 APC0.79

公開

活動情報

活動時期

2015/08/27(木) 08:37

2015/08/27(木) 17:44

アクセス:281人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,232m / 累積標高下り 2,145m
活動時間9:07
活動距離17.99km
高低差2,086m
カロリー5240kcal

写真

動画

道具リスト

文章

小1の娘の歩きがだいぶ速くなり、地図のコースタイムの0.7掛けくらいが見込めるようになったので(平均APC値たぶん0.8~0.9くらい)、少しハードな山行を計画しました。

1日目 新穂高-(右俣林道、槍平、飛騨乗越)-槍ヶ岳山荘 (Yamapコースタイム9:30)
2日目 穂先登頂、槍ヶ岳山荘-(西鎌尾根、双六小屋)-笠ヶ岳山荘(同9:25)
3日目 笠ヶ岳登頂、笠ヶ岳山荘-(笠新道)-新穂高 (同6:30)

結果としては、少し無茶しすぎました。
到着が遅くなり山小屋に心配をかけたのが反省点です。

今回は槍の穂先や西鎌尾根など危険な個所があるためヘルメットを、ロングコースのため緊急用にツェルトを持参しました。

1日目はまず、家(神戸)からの出発が遅れたのが敗因です。午前0時に家を出るはずが2:30の出発。新穂高の無料駐車場に車を止め、準備をして、登山届提出などとしているうちに、9時を回ってしまいました。

右俣林道でショートカットを見逃すというタイムロスをしつつ、槍平についたのが13:15くらい(新穂高からのAPC値:0.83)。悪くないペースですが、残りのコースタイム5:00というのは焦ります。消費した分の水をペットボトルに補充したりしているうちに13:30.先を急ぎます。

槍平-千丈沢分岐間のコースタイムは2:40ですが、これは緩すぎに感じました。我々は休憩を入れて1:30くらいで歩きました(槍平からのAPC値:0.56)。この区間には槍ヶ岳までの最後の水場があったので、また消費した分の水をペットボトルに補充しました。

千丈沢分岐を出たのが15時過ぎ。残りのコースタイム2:20です。

ここからの登りはハードでした。前日ほとんど寝ていないことも祟ってか、私のペースがガタ落ち。とりあえず比較的元気な妻と目茶目茶元気な息子が先に山小屋へ行き、予定通り計4人到着する旨を伝えることにしました。

先発隊が山小屋についたのが17時前。我々の到着は17時過ぎでした(千丈沢分岐からのAPC値:0.86)。

もともと、早く到着したら槍の穂先に上る予定でしたが、断念せざるを得ませんでした。

本日のトータルAPC値:0.79
昼飯30分


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン