YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

槍・笠縦走 2/3日目 APC1.1

秀とろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    小6の息子、小2の娘、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。

    YAMAP地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    APC値(Actual time Per Course time)(勝手に命名)を記録してます。

    定義:APC値=(実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)
    ※ただし、昼飯などの長い休憩はAPC値に含めてません。
    ※参考程度の数値です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・Lv11をMAXに設定している訳ではありません。それより難しいのはまだ行ったことがないだけです。
    ・ご意見があればメッセージをください。

    Lv1 六甲山(兵庫)魚屋道、高尾山(東京)全ルート、木曽駒(長野)千畳敷カールから中岳経由

    Lv2 木曽駒(長野)中岳の巻道、至仏山(群馬)東面登山道

    Lv3 空木岳(長野)大地獄・小地獄、伯耆大山(鳥取)ユートピア、岩殿山(山梨)稚児落とし方面

    Lv4 六甲山(兵庫)芦屋地獄、六甲山(兵庫)AB懸ルート

    Lv5 宝剣岳(長野)北陵、槍ヶ岳(長野)槍の穂先、空木岳-桧尾岳間(長野)

    Lv6 宝剣岳(長野)南稜

    Lv7 六甲山(兵庫)西山谷、石鎚山(愛媛)三の鎖、試しの鎖

    Lv8 六甲山(兵庫)大月地獄、中俣、剱岳(富山)別山尾根、金峰山(山梨)五丈岩

    Lv9 六甲山(兵庫)A懸岩

    Lv10 鳳凰三山(山梨)オベリスク頂上岩

    Lv11  六甲山(兵庫)プロペラ岩

  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/08/31(月) 18:26

 更新

槍・笠縦走 2/3日目 APC1.1

公開

活動情報

活動時期

2015/08/28(金) 05:09

2015/08/28(金) 17:58

アクセス:564人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,912m / 累積標高下り 4,174m
活動時間12:49
活動距離19.52km
高低差766m
カロリー7367kcal

写真

動画

道具リスト

文章

朝4時過ぎ起床。荷物をまとめ、バランス栄養食で朝食を済ませ、明るくなりかけたところで5時過ぎに穂先を目指します。

露で濡れて滑り易いために慎重に。行く前は穂先の写真に怖じ気付いていた小1の娘も、怖がることなくわりとサクサク登ります。岩はあまり難しさを感じませんでしたが、梯子の足場に奥行きの浅いところは少し怖さを感じました。

5時半過ぎ、無事登頂。しかし、霧で周りは何も見えず。ところが、存分に写真を撮り終えて降りようとしたその時、急に視界が晴れました。絶景にはしゃいで再びカシャカシャ。断続的に上がってきた霧のお陰でブロッケン現象も見えました。

結局穂先を降り始めたのは6:45くらい。山荘に戻ると7:15くらいでした。

そして、ここからがよくなかった。きっと浮かれていたのでしょう。山荘でバンダナを買ったり、穂先をバックに写真を撮ったり、トイレに行ったりしているうちに、時刻は8時になっていました...

この先9:25のコースが待っていることを考えるとこれは由々しき事態です。慌てて出発します。

西鎌尾根は思ったほど危険ではありませんでしたが、アップダウンがなかなかきつかったです。双六小屋に着いたのは11:30過ぎ。槍ヶ岳山荘からのAPC値が0.96となったところをみるとYamapの西鎌尾根コースタイム設定はやや厳しめなのかもしれません。

再びバランス栄養食で昼御飯を済ませ、水を満タンに補給して、12時過ぎに出発。残りのコースタイムは5:40。せめて、17時前に笠ヶ岳山荘に着きたいところです。

秩父平までは、またアップダウンの繰り返しでした。秩父平着が15:15くらい(双六小屋からのAPC値:0.90)。ここで雨が降ってきたためレインウェアを装着し、5分ほどの休憩で出発。残りのコースタイムは2:10なので、APC値が0.9なら到着は17時過ぎです。

しかし、これは大きな誤算でした。

秩父平からはアルプスっぽい山肌をぐんぐん登っていきます。これは笠ヶ岳を登っているのだと、最初は思っていました。が、全然違いました。

やっと登りが終わると、道は尾根歩きに変わりました。その時右手の遠方に見えた山が格好よかったので、「何山かな?」と思っていたら、それが笠ヶ岳であることが判明しました。うちひしがれる遠さでした。まだ2時間以上はかかりそうに見えました。

気を引き締めて先を急ぎ、抜戸岳分岐に着。時刻は16時半前。今回初のコースタイムオーバーです。残りのコースタイムは1:10。かなりまずい状況です。ここで、再び妻と息子が先発隊として山小屋へ行くことに。

私は娘と2人で後を追います。雨の降りしきるなか、疲れた体にはなかなか厳しいアップダウン。娘も相当辛かったと思いますが、「お母さんが居なくて寂しい」と泣いた以外は弱音を吐きませんでした。やっと、山荘下のテン場に着いたのが5時半過ぎ。山荘はすぐそこに見えるのですが、最後の登りが堪えます。因みに先発隊では、妻がテン場でペースダウンし、まだ元気のある息子を一人で山荘へ伝令に走らせたそうです。頼もしくなったものです。

結局先発隊が山荘に着いたのが17時半まえ。私と娘が着いたのは17:40くらいでした。山荘の方は快く夕食を用意してくれましたが、流石に遅くなりすぎました...

結局秩父平から山荘までの(私と娘の)APC値は、なんと1.2。この部分のコースタイムはかなり厳しめ設定のようです。

それにしても、娘は小さな体で本当によく頑張りました。

1日のAPC値:1.1
昼飯 0:30

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン