YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

モウセンゴケの花咲く、北高上緑地で。

roosterさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介: 山歩きを始めて1年が過ぎました。単独行もしくは、カミさんと2人での山歩きが中心です。時には、出張ついで(?)に出先の山々に登らせていただくこともあります。高さや名前に関係なく、自分が登って楽しい山に、たくさん出会いたいと思います。
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 愛知
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:愛知
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

名古屋市

2015/09/01(火) 16:17

 更新

モウセンゴケの花咲く、北高上緑地で。

公開

活動情報

活動時期

2015/08/29(土) 13:10

2015/08/29(土) 14:05

アクセス:606人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 341m / 累積標高下り 343m
活動時間0:55
活動距離2.78km
高低差59m
カロリー385kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 朝から猛烈な雨。昼に小雨になり、近場の山に出掛けようかと思った矢先に、15時からの用事が出来てしまいました。明日は日曜日ながら、泊まり込みの重要な会議が控えています。
…正味、1時間ほどしか時間がないけれど、少しでも山(っぽいところ)を歩きたい。

 そこで、のび太くんが通う小学校の裏山のような、標高100mにも満たない近所の里山へ出かけてみました。
ここはトレッキングシューズの慣らしのため、春先に何度か訪問させていただいた場所です。
「北高上緑地(きたこうじょうりょくち)」は個人所有の里山でしたが、
その自然を保全することを条件に市に寄付され、有志の方々のご努力によって整備・管理されている緑地公園です(夏場は9時〜17時、冬場は9時〜16時と、歩ける時間が決められています)。
随所にボランティアの方々の愛があふれていて、非常にきれいに保たれた里山ですが、知らない人からすると標高もないので、大住宅地に隣接したただの雑木林にしか見えません。

 ここにはコバノミツバツツジという小ぶりな花をつけるツツジが群生しており、春先には随所で目を楽しませてくれます。もうひとつ、食虫植物モウセンゴケの一種であるトウカイコモウセンゴケの生育地でもあります。
 南入口の門を入った斜面が湧水が滲み出している斜面に、スギゴケと一緖に群生しています。
トウカイコモウセンゴケはピンクのかわいい花をつけるのですが、訪ねた時は時期が遅く、ほとんど種になっていました。それでも1つ2つ、小さなつぼみが残っていました。

 もともと里山として利用されてきた場所なので、いたるところに人の暮らしの痕跡が見られます。
薪や山菜を採るために張り巡らされた道、かつて伐採された痕跡が残る萌芽林(ほうがりん)、煉瓦造りの砂防堰堤…。近所の裏山ならではの風情が楽しめます。

 道という道を歩きまわっても1時間弱。箱庭のような里山でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン