YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

猿倉 大雪渓 白馬岳

sugiさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:平成26年10月29日に一人で地元の伊吹山に登り、次の日に筋肉痛になりました。普段から10キロのランニングをかかさずやって、カイトサーフィン、スキーをやってる自分が筋肉痛になるとは何事や、登山はあなどれんと変な動機で登山にはまりました。
    もともと心肺能力はある程度高いので、登山にもすぐに順応しました。
    自分の都合に合わせて、いつでも一人でできてお金もかからない登山に完璧にはまってしまいました。
    百名山はゆっくりとやれたらやるくらいの感じで、北アルプスと南アルプスを制覇したいと思ってます。
    テン泊縦走は年に3回くらいしかできませんので、普段は地元の鈴鹿山系、比良山系をうろついています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

白馬岳・小蓮華山

2015/09/02(水) 08:06

 更新

猿倉 大雪渓 白馬岳

公開

活動情報

活動時期

2015/08/31(月) 07:50

2015/08/31(月) 13:38

アクセス:247人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,232m / 累積標高下り 795m
活動時間5:48
活動距離6.98km
高低差1,677m

写真

動画

道具リスト

文章

年に数回の貴重な連休が取れたので、北アへ。
秋雨前線で天気予報は雨ばかり。直前までどこが一番マシか迷い、白馬岳に。
7:50猿倉の駐車場を出発です。
今日はコースタイム6時間40分の余裕の山行。ちともの足りないか。
あっという間に大雪渓に到着。
迫力あります。
アイゼンを装着してサクサク進みますが、つま先の蹴りが使えないので、地味に疲れます。
ペースは上がりませんが、どんどん先行者を追い越して行きます。
みなさんも歩きにくいのは同じか。雪渓は広いので追い越す時に気を使わなくていいのが良い。横に並んで、話しながら追い越せるし楽しい。狭い道だと気を使います。
雪渓が終わり、思っていたより長かった。雪渓は落石があるので座って休憩とか出来ません。雪渓の後も落石の危険があり休憩禁止。
ゆっくり休憩しながら歩こうと思っていたのに、結局いつものペース。(苦笑) 避難小屋まで来て、シャリばて気味になったので、昼食。
40分ほど大休止の後、11:35に再出発。ガスで上が見えない中登っていくと、いきなり小屋が現れた。
まだまだかかると思っていたので、拍子抜け。
テン場に行くと、誰もいない。
テントを張りますが、風と雨で大苦戦。なんとか張って、荷物を置いて、白馬岳山頂へ。
途中雷鳥の親子に癒やされます。
山頂は真白で何も見えない。
小屋に戻って、生ビールを飲んで、至福の時間。夜は雨風が強くなかなか寝付けませんでした。
行動時間4時間10分。62%でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン