YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

いにしえの道をのんびりハイキング・・・だけではなかった・・・

きむきむさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:会社の仲間と月に1回関西エリアの低山を中心にゆる~い山行や、近所をソロ山行しています。
    平成21年に近くの交野山(341m)から登り始め、最初は悪戦苦闘していましたが、今では年に1回は北アルプスでテン泊する様になりました。
    アスレチックなコースより、ボーッと自然の中を歩く方が好きかな~ (⌒‐⌒) 体力はないけど、ロングトレイルやミニアルプスも好き。
    初めて行かれる方にもわかりやすい様に色々日記に書いていたら、いつのまにやら大作になること多し。読みづらくてすいません (ToT)
    こんな日記ですが、少しでも皆様の参考になればとってもうれしいです。
    (o^―^o)ニコ
  • 活動エリア:大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

三輪山・巻向山・白山

2015/09/12(土) 16:50

 更新

いにしえの道をのんびりハイキング・・・だけではなかった・・・

公開

活動情報

活動時期

2015/09/12(土) 11:07

2015/09/12(土) 16:50

アクセス:197人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,298m / 累積標高下り 2,335m
活動時間5:43
活動距離11.11km
高低差439m
カロリー2760kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今回は会社の仲間と組んでいる登山サークルの定例会で山の辺の道を歩きました。しかし一応我々は「登山サークル」ですので、三輪山にも登ることとしました。
ちなみに我々のサークルは幹事を毎月の交代制(今回私は幹事ではありませんでした)にしているので、行先を決めるのは幹事の特権なんです。はい。

集合はJR桜井線の柳本駅です。本日は私を含め5名の参集でした。ちなみに駅前に自販機はありますがコンビニ等はありません。ご注意を。
ここから山の辺の道のある方向に歩きますが、道中に古墳もあり、これからいにしえの道を歩くんだなぁ、と胸が高鳴ります。
山の辺の道に合流すると、私の予想以上に人の往来があります。よい季節になってきたからでしょうか?これには驚きました (*_*;

道は舗装道が多くて足元が良く、標識も随所にあります。それに無人の野菜販売所も所々にあり、私の大好きな万願寺とうがらしを二袋も購入しました。一袋100円也。家に帰ってから奥様に珍しく褒められました \(^_^)/ なるほどこういうのが人気の理由なのですかね・・・

季節がらヒガンバナが群生しているところがありました。普段はあまり気にしない花ですが、センチメンタルな気持ちが出たのか、とても愛おしく感じました。

昼食は道中にベンチが所々にあったので、のんびりできました(暑かったけどι(´Д`υ)アツィー)。きれいな緑の田園風景で、遠くに二上山、葛城山、金剛山等が連なるダイヤモンドトレール(トレイルではないんです!)や生駒山も見えます。とても素敵な景色でした。

昼食後は、檜原神社にお参りをした後、いよいよ本日のメインである三輪山に向います。標高は467mですので京都の大文字山と同じ位でしょうか。ただこの山は大神神社のご神体ですので、狭井神社にて受付を済ませ、入山料?の300円を納め、白いたすきを首にかけてから入山します。道中は写真も食事も不可(水分補給だけ可)です。道はとても整備されていて、神妙に裸足で歩かれている方もいらっしゃいました。体調不良を押して参加された同行者がついに途中でダウンしたので、ゆっくりと頂上に向かいます。
山頂近くにはなんと三等三角点もありました。恒例の三角点おさわりはしましたが写真が取れず、三角点が好きな私としては後ろ髪をひかれる思いでした ( ;∀;)

山頂で参拝し下山し、帰りに万病に効くというご神水をいただき、今度は大和三山が見えるスポットに向かいました。大和三山は今年の1月にサークルで歩き、中々しんどかったことが思い出されます。ここから見ると感慨深いですね。良い景色です。振り返ると三輪山も見えます(合掌)

この後は大神神社にてお参りを済ませ、ゴールのJR三輪駅に向かうのですが、やはりここまでくると食べたいのが三輪そうめん。駅前に食べれるところがあったので、みんなで食しました。のどごし良くて美味しかったです。てな訳で無事ゴールのJR三輪駅に到着しました。(_´Д`)ノ~~オツカレー

ちょっと行くには遠いですが、今度はもっと長く歩きたい、そう思わせるとても良い道でした。とても楽しかったです。

ではまたどこかの山で・・・(@^^)/~~~

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン