YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

古羅漢・羅漢寺~青の洞門・競秀峰散策

えらかしさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:新米中年登山愛好家です。体力のなさには自信がありますが、ほぼ毎回単独で行動してます。最近はたまに小学6年生になった次男坊が付き合ってくれます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

鹿嵐山

2015/09/23(水) 01:12

 更新

古羅漢・羅漢寺~青の洞門・競秀峰散策

公開

活動情報

活動時期

2015/09/20(日) 10:04

2015/09/20(日) 15:16

アクセス:376人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,609m / 累積標高下り 1,542m
活動時間5:12
活動距離10.08km
高低差250m

写真

動画

道具リスト

文章

SW連休を利用して、耶馬渓散策、そして国東半島長崎鼻リゾートキャンプ場へ1泊2日で
行ってきました。
メンバーはいつもの息子と、今回は同僚のA氏の3名です。

久留米を出発し、本耶馬渓、青の洞門を歩きましたが、割と近場でいいところでした。

*古羅漢
羅漢寺ともども古来より修禅の道場であった所で、参道を登ると眺望の良い天然の空洞に
菩薩等数体の石仏と像高220cm余の毘沙門天磨崖仏を祀る。
空洞の上部を天人橋と呼び、最高所を飛来峰と云う。岩上に室町初期の建立と推定される
県指定の国東塔がある…(案内板より抜粋)

*青の洞門
名勝耶馬渓に含まれ、山国川に面してそそり立つ競秀峰の裾に位置する。全長は約342mで、
そのうちトンネル部分は約144m。大分県の史跡に指定されるとともに、耶馬日田英彦山
国定公園の域内にも含まれる。
1750年(寛延3年)に第1期工事が完成し、最終的に開通したのは1763年(宝暦13年)であった。
諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚が、断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が
命を落とすのを見て、ここにトンネルを掘り安全な道を作ろうと、托鉢勧進によって掘削の資金を集め、
石工たちを雇ってノミと槌だけで30年かけて掘り抜いたといわれる。
1750年(寛延3年)の第1期工事の完成後には、通行人から人4文、牛馬8文の通行料を徴収した
という話が伝わっており、この洞門は日本最古の有料道路ともいわれている。(Wikipediaより)

*競秀峰
後で他の方のブログ等で調べると、「恵比寿岩」は展望所の傍にあった大岩のことみたい。
登れたんですね。
また、「鬼面岩」は途中間違って左上に登るミスをした際、両側絶壁の岩場のやせ尾根を
通りましたが、どうもその付近にあったようです。ルートミスというか寄り道ルート!?。
今更ながら、前もって下調べをしてなかった事を反省してます。

歩き疲れた後は、国東半島北端付近に突き出した半島全体がリゾート地になっている
長崎鼻リゾートキャンプ場へ!オートキャンプ場あり、海水浴場あり、レストランありの
なかなか素晴らしいところでした。

翌日は中山仙境に行くつもりです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン