YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出発‼︎室堂から五色ケ原へ‼︎からの〜お昼寝〜( ̄▽ ̄)♪

PANTARAさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

立山

2015/09/25(金) 18:45

 更新

出発‼︎室堂から五色ケ原へ‼︎からの〜お昼寝〜( ̄▽ ̄)♪

公開

活動情報

活動時期

2015/09/20(日) 08:14

2015/09/20(日) 16:27

アクセス:2812人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,091m / 累積標高下り 1,100m
活動時間8:13
活動距離8.41km
高低差443m

写真

動画

道具リスト

文章

SWも望み薄(~_~;)夏に活動がストップして以来、PANTARAは毎日、毎日呟いておりました。
あ〜(´Д` )お山〜。お山〜。行きて〜よ〜‼︎(´Д` )と……
その願いが届いたのでしょうか♪
えっ‼︎∑(゚Д゚)もしかしてこりゃSWの日曜日お山に行ける感じ⁉︎行けるんでやすね‼︎
やったー‼︎*\(^o^)/*

1日しかないので、薬師岳方面と立山方面、めっちゃんこ迷いましたσ(^_^;)
迷った末に室堂から五色ケ原へ、行けたら鳶山まで‼︎日帰りピストンを敢行する事にしました。
翌日他の山岳怪メンバーと、富士山へと向かう予定のJ氏を巻き込みM氏とPANTARAの3人で行く事になりました( ´ ▽ ` )ノ
五色ケ原のお花畑はこの夏行きたくてしょうがなかった場所♪♪( ´▽`)秋になっちゃったけどいいんです!縦走路で、泊まりの方がいいに決まってるけどいいんです!行きたいのでやす‼︎

詳しいご予定はわかりませんが、あずこさんが立山に行くかも〜♪と言っておられた!(会えるといいな〜♪)

それに室堂は沢山の名峰と繋がる場所♪室堂に向かえば、ヤマップのどなたかにお会い出来るかも♪( ´▽`)
誰かに気付いて貰えるかも♪( ´▽`)と、カナリの自意識過剰ぶりを発揮し、楽しい妄想を膨らませ、ドキドキしながら(アホです)お久しぶりのピンクパンツを履いて室堂へ向かいました(笑)
SW前半とあって立山駅が予想以上の混雑‼︎結局室堂に降り立つまで3時間かかりました(つД`)ノ
SW舐めてました!恐るべし!
念のため通常運行のリミットでタイムスケジュールを作っていたので、まだ大丈夫‼︎(≧∇≦)出発‼︎

色づき始めの紅葉を目にしながら一の越へ!2カ月近くのブランクは恐ろしくPANTARAのヒー!ヒー!が止まらない!( ;´Д`)
M氏も同じく前回以来の山行。M氏もしんどそうです( ;´Д`)
その間夏山を楽しみ続けていたJ氏絶好調や‼︎∑(゚Д゚)

一の越から美しい後立山、北アルプスの名だたる山々を眺めテンションが上がり、やっとスイッチON!
五色ケ原への縦走路を行くのでした!途中の浄土山や龍王岳からの眺望は360度とても素晴らしく贅沢でした!(≧∇≦)
さすがは登山者の夢を広げる北アルプスの縦走路!会う方会う方大きなザックを背負っていい顔しておられます!(≧∇≦)
途中お会いした恐ろしく大きなザックを背負ったかっこいいおじい様は上高地からこちらに縦走されて来たと‼︎∑(゚Д゚)
クー‼︎(≧∇≦)裏山鹿ー‼︎
夢の広がる道のりでした♪( ´▽`)

M氏は依然として調子が上がらない様子。疲れがたまっていたのか、軽い高山病のようになり、体調がすぐれません( ;´Д`)それでも予定通りのペースで、獅子岳の山頂すぐ側の展望の良い場所まで到着。
M氏はここで待つから2人で行ってきてと言っていましたが、ここからの眺めの素晴らしさ、ここまでの道のりの美しさに充分満足した我々はM氏の提案を却下(笑)ここでメシチャージして、贅沢なお昼寝をしてから獅子岳山頂に行き浄土山の登山道から戻る事にしました( ´ ▽ ` )ノ
すぐ側に山頂があるにもかかわらず、とてもいい場所だったからか、山頂と間違われたのか、起きると沢山の方が休憩しておられてカナリ焦りました(笑)
途中からしばらく一緒になって仲良しになった五色ケ原でテン泊予定ののソロの素敵な女性フーミン♪(凄い!)と獅子岳山頂でまた再会し、楽しくおしゃべりしました( ´ ▽ ` )ノ
フーミンの登山仲間のグループ名が「山楽隊」である事に「山岳怪」の怪人である我々は不思議な運命を感じ、フーミンにヤマップの宣伝をしっかりして、また再会する事を誓い合って、お別れをしました( ´ ▽ ` )ノ

体調が悪くてもJ氏と共に下山中もずっとフーミン♪フーミン♪と呪文のように唱え続けるM氏。
そんな2人の後を少し遠巻きに最後まで誰かにお会い出来ないか自意識過剰にドキドキしながら挙動不審に歩くPANTARA。
「山岳怪」の名に恥じない怪人っぷりを発揮しながら室堂へと向かう一向なのでした〜。

おわり


追記 五色ケ原にご興味のある方はこの2日後22日に同じコースで五色ケ原に確実に(笑)行かれた富山の賢者!ソラリスさんの投稿をご覧ください!
凄く参考になります( ´ ▽ ` )ノ

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン