YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

北岳登山(シルバーウィーク)2日目

aozorakobeさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:神戸在住のフリーのグラフィックデザイナーです。終日、デスクワークがほとんどなので、平日夕方はジムで筋トレ、休日はできるだけアウトドアしてます。一人で活動するときはトレラン(主に六甲山周辺)やランニング、月1回は山岳会OB仲間たち(朗人会)と静かな山域でハイキングをしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

北岳・間ノ岳

2015/09/22(火) 15:22

 更新
山梨, 長野

北岳登山(シルバーウィーク)2日目

活動情報

活動時期

2015/09/21(月) 08:03

2015/09/21(月) 11:13

アクセス:293人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間10分
  • 活動距離活動距離4.21km
  • 高低差高低差1,467m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り64m / 1,521m
  • スタート08:03
  • 1時間9分
  • 白根御池小屋09:12 - 09:47 (35分)
  • 1時間13分
  • 広河原山荘11:00 - 11:13 (13分)
  • -
  • ゴール11:13
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

2日目
北岳肩ノ小屋のテント泊で、一夜を過ごした。
テントサイトが少し傾斜しているので、体が自然と下側にずれるため、あまり寝付けなかった。
西側サイトは、ある程度フラットな場所がありそうだが、西からの強風をまともに受けるので覚悟がいる。
テント泊は整地した場所を見つけるのがネック。
4時ごろに寝袋から出る。
テントの中からは、ご来光を見るために山肌に行列をなした登山者のライトの点灯が見える。
私たちは、ご来光はテントサイトからも見えるので、山頂へは時間をずらして登ることにする。
テントから体を這い出すと、驚嘆の一言。富士山が目の前に見え、ワイドな眺望がすばらしい。
まずは朝食をとってから、山頂へ向かう。
山頂に着いたときには、登山者もまばらになっている。
ここからは360度パノラマの絶景だ。富士山はしかり、雲取山、八ヶ岳、穂高まで見えている。
この時期は空が澄んでいるので、遠くの峰々まで鮮明に見える。
午後になれば、ガスが這い上がってくるので、午前中が絶好のタイミングだろう。
山頂での眺望を楽しんだ後は、足早にテント場に戻って、テントを片付けて下山とする。
11時ごろには広河原に下山。帰りのバス便も臨時便が多く出ていたので、予定より早く仙流荘に到着。
後は車で帰るだけなので、伊那の旧街付近の温泉に寄ってから、帰神となる。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン