YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

数十年ぶりに坊ヶツルでテン泊

ryuさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ゲレンデスキーの記録(滑走本数)を見るのにとても便利で利用しています。
    山行の方は最近は、近場の低山や趣味を兼ねた山城巡りが中心でぼちぼちと登っています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/09/23(水) 16:54

 更新

数十年ぶりに坊ヶツルでテン泊

公開

活動情報

活動時期

2015/09/21(月) 09:11

2015/09/22(火) 12:41

アクセス:358人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,076m / 累積標高下り 1,065m
活動時間27:30
活動距離15.53km
高低差482m

写真

動画

道具リスト

文章

数十年ぶりに坊がツルでテン泊してきた。

21日 8:00頃に着いた長者原の駐車場は連休中でほぼ満車の状態である。
雨ヶ池越えのコースも登山者、下山者で人が途切れることがない。
ザックの重さは10kgちょっと。普段の軽量快速登山とは違うゆっくりと一歩一歩踏みしめた歩きが久しぶりで心地よい。

雨ヶ池を過ぎて、坊がツルが遠くに見えてくる。既にテントがいっぱいである。
坊がツルへの下りで、重荷のせいか、石の間に靴を突っ込んで足を捻ってしまう。グキッとやばい感じだったが、まあ歩けそうだ。

坊がツルにテントを設営して、法華院山荘で昼食をとって、ひと山登ろうかなと山荘まで来ると、偶然にも高校時代の同級生グループと出会う。日帰りで長者原から法華院周回の山歩きの途中で、これから昼食というところだった。仲間に加えてもらい、厚かましくも手作りのお弁当まで分けてもらいおかげで楽しい昼食となった。

食後、坊がツルに張っている私のテントをお宅訪問したいという2人を残し、残る4人で立中山に登る。
山頂からはガスがかかる大船山が大きく見える。

下山後、坊がツルのテントサイトでくつろいでいた2人と合流し、雨ヶ池越で長者原へ戻る5人を見送る。

法華院温泉に入って、山荘前で生ビール(600円)を楽しみ、挫いた足に湿布(150円)を分けてもらい、テン場へ戻る。

九重の山々に囲まれたテン場でとる夕食と缶ビールは最高である。
夜は、これまた最高の満天の星空を楽しむが、よく冷え込んで寒かった。

22日は、テント前で山々の朝焼けを楽しみ、ゆっくりと朝食をとって片付け、すがもり越経由で下山する。

21日
911  長者原
1023 雨ヶ池
1112 坊がツル(設営)    
1146   〃   発
1154 法華院温泉山荘(昼食)
1310   〃   発
1335 鉾立峠
1353 立中山
1405  〃 発
1420 鉾立峠
1455 坊がツル

22日
1004 坊がツル
1018 法華院温泉山荘
1023   〃  発
1107 すがもり越
1128   〃  発
1241 長者原駐車場

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン