YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

7.13宝満山~若杉山 アルゼンチン必勝登山

ラモさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1982
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

宝満山・三郡山・若杉山

2014/07/14(月) 22:44

 更新

7.13宝満山~若杉山 アルゼンチン必勝登山

公開

活動情報

活動時期

2014/07/12(土) 06:54

2014/07/12(土) 16:45

アクセス:763人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,408m / 累積標高下り 4,190m
活動時間9:51
活動距離21.86km
高低差910m

写真

動画

道具リスト

文章

はじめての登山

2日前  山で塩サバ食べたいという強い思いから登山を決意。近くの山を調べた結果、三郡山縦走に決定。
1日前  偶然電話で話した友人sを言葉巧みに誘うw(山ガールいっぱいいるよw小学生の遠足のようなものw等々)
     必要なものを作業服屋さんワー○マンで揃えるw
     登山計画を立て
     折角なのでアルゼンチン必勝祈願縦走となる。

当日   6時20分 西鉄天神駅出発 二日市駅乗り換えて大宰府駅まで(都府楼駅からバスがあるらしいかなり時間ロス)
     7時    太宰府駅到着ここから竈門神社まで徒歩20分
     7時30分 登山スタート 
           愛嶽山方面~鳥越峠~行者道~宝満山を目指す
           蜘蛛の巣が多い今日は誰もこのルートを通過してないようだ後方より蜘蛛の巣とりありがとうと感謝の言葉がでる

           きつい!だから正面ルートがよかったんだよ!とうるさいs氏。人体実験のため私が普段愛用しているドーピング
           をs氏に勧める。BCAA3600mg(アミノバイタル顆粒)
           
           s氏、このルートを選んだ私への嫌がらせのために捕まえた沢蟹に指をはさまれる爆爆爆
           s「こいつ噛んだ」と連呼!「こいつハサンダ」だろと思いつつs氏のテンション維持のためさっと流すw

           急な階段がある神社?で進行方向が分からなくなる汗  道案内しっかりしろ!とお叱りの言葉を受ける

           本日初めて人に会う。下山途中でしたが足を止めてお話をして頂きました。やっぱり登山に熱いなー!
           この方のお話の長さに本日の流行語「山はイイなー」が誕生するw

     9時40分 「山はイイなー」でテンションを保ちつつ宝満山登頂!
           今からロッククライミングをするという方を発見すごい。私は少し下を見ただけでソワッ!

           「まだ10時前よ!」と今から下山してビールだねと言わんばかりのs氏に、今からあそこまで行くんだよと
           若杉山を指さし、ゆっくり冷静に諭す。ここで本日の流行語候補「帰ろうよー」が生れるw

    10時20分 水分補給の為、宝満山キャンプ場を下ると小川を発見!水を汲もうとするとs氏「これのめるの?」私「飲める            よ」少し飲んでうーん微妙!私たちのやりとりを見ていたご夫婦が「おーい!水補給こっちってかんばんあるよ            w」小笑を頂く。(お腹は痛くないw)

           水場の横から縦走ロード合流を目指す、赤いリボンが目印!s氏「かえろうよー」20分に一度使う。

           ここで驚きの発見s氏「じゃーさ、山頂でビール飲んでいい?」私「・・・ビール???持ってんの?」s氏「持           ってるよ」wwwこの男なんとビールを6本(保冷剤付)をカバンに忍び込ませていたwww
 
    11時30分 たくさんの方が食事をされているのをみて「三郡制覇ーー!」と叫び休憩場所をさがすが、ビール片手のお父さん
           から「あんたら頂上はまだ上よw」と周りのお母さん「ここが頂上!はっはっは」と爆笑を頂くw

    11時50分 三郡山登頂!  ここで昼食
           自家製塩サバ弁当をひろげるも、お箸を忘れるwwww(綺麗に割れなかった時のために3本も用意したのにw)
           弁当箱付属のお箸発見するも、先に食べていいよとお互いの遠慮合戦がはじまるw 
           
           ビールの温度確認作業s氏「冷えてるよー」私「まさかーどれどれ・・ほんまや!」さんまsのギャグを拝借w
           荷物を軽くするためぐびぐびと3本も飲んでしまうw 下山後談、酔わせて下山を促そうとしたらしいw
           
           下山するか、若杉を目指すか会議s氏「全然小学生の遠足じゃないじゃん!山ガールいないし!」やはりそこかw
           IPhoneで音楽を流していいという条件つきで若杉を目指す事となる。

    14時30分 ここまで音楽を聴きながらノリノリのs氏だが充電がきれる。
        
           若杉まで一気に下る。膝を使うため疲労がピークに達する。

    15時30分 しょうけ峠に到着!峠を抜ける風が心地よい。残りのビールを1本ずつ嗜む。
    16時    若杉山頂
           本日若杉でソロキャンプをするという鉄人に出会う。ここで今日初のアルゼンチン話になる。ww           
           鉄人sに若杉山を案内してもらう。(本当にありがとうございました)大きな杉をみてs氏がえらく感動。やはり
           杉田という名前からか???

    16時30分 若杉キャンプ場で鉄人sと別れる。遠く離れたところから鉄人s「アルゼンチン!」と両手をあげてくれたw
           アルゼンチンの勝利を確信し鳥肌がたつ。メッシがんばれ。
            
           ここからの下山はきつい。舗装道路をひたすら歩く。

           s氏ヒッチハイクを提案するも私は無理だろうとほぼ無視wwwwほんときつかったw
           s氏が後方で通る車に手を振るもスルーの連続、私はただただ歩く歩く。止まりそうな車がたまにあり期待する。

     17時   ついにヒッチハイク成功!ありがとうございました   s氏今日一番の仕事です。ナイス無視してごめんな。

    17時30分 西鉄バスにて帰路につく           
      
     

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン