YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

常念山脈縦走(その2)  雲上の散歩道を行くも・・・

きむきむさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:会社の仲間と月に1回関西エリアの低山を中心にゆる~い山行や、近所をソロ山行しています。
    平成21年に近くの交野山(341m)から登り始め、最初は悪戦苦闘していましたが、今では年に1回は北アルプスでテン泊する様になりました。
    アスレチックなコースより、ボーッと自然の中を歩く方が好きかな~ (⌒‐⌒) 体力はないけど、ロングトレイルやミニアルプスも好き。
    初めて行かれる方にもわかりやすい様に色々日記に書いていたら、いつのまにやら大作になること多し。読みづらくてすいません (ToT)
    こんな日記ですが、少しでも皆様の参考になればとってもうれしいです。
    (o^―^o)ニコ
  • 活動エリア:大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳

2015/09/28(月) 19:34

 更新

常念山脈縦走(その2)  雲上の散歩道を行くも・・・

公開

活動情報

活動時期

2015/09/24(木) 07:14

2015/09/24(木) 11:18

アクセス:241人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,144m / 累積標高下り 967m
活動時間4:04
活動距離5.56km
高低差374m
カロリー1963kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 テン場ではワンゲルの学生?が朝暗いうちから(前日も夜遅く)大声で話していて少し迷惑していましたが、天候のことが漏れ聞こえてきました。なんと今日の昼前から雨で明日も雨だと・・・(*_*)
 すぐにスマホ(ドコモOKです)で確認すると確かに・・・スイカ売り切れに続いてショックです(T_T)
 日の出でになると一気に明るい日差しがきます。新しい1日の始まりです。今日は富士山もはっきり見えます。この美しい景色を見ていると本当に天気は崩れるのか・・・と思いました。
 7時に出発する予定で準備していましたが、①常念小屋まで行く ②大天井岳までピストンする ③下山する、の選択を迫られ、ここまで来たら、ということで常念小屋まで向かうことにしました。
 撤収作業をし、7時15分頃出発です。
 途中までは「表銀座」と言われる縦走コースを進みます。美しい歩きやすい道です。山の右側の道では槍ヶ岳、左側の道では富士山が見えます。特に槍ヶ岳はどんどん近づいてくる感じがします。
 いよいよ大下りを過ぎた辺りから雨がポツポツ降り始めました。せっかくの景色が楽しめません・・・
 喜作レリーフがある辺りに今回唯一のクサリ+ハシゴがありましたが大丈夫でした。この先は槍ヶ岳に向かう道と分岐し、我々は大天井岳を目指します。ここからは緩やかながらも長い登りが続き、足が止まりました。またもやヘロヘロ状態になりつつも本日の行程のちょうど中間にあたる大天荘に到着し、ザックをデポして大天井岳登頂に向かいます。
 10分も歩くと今回2座目の大天井岳2,922mの頂です。天候は悪いながらも槍ヶ岳ははっきり見えました。大天井岳は地味ながらも常念山脈の最高峰なんです(^^)d
 下山後は大天荘にて暖かい食事を摂り(目的のインディアン・ランチは売り切れでしたので山菜そばを食しました)、雨の中常念小屋へと向かいます。

 YAMAPの地図エリアが変わるので、常念山脈縦走(その3)に続きます。



 

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン