YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

くじゅう1day17サミッツ

wakatakeyaさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:小さい頃から旅が好きでした。小3のとき自転車で隣町まで20kmを走ったのを皮切りに、中2では自転車による九州横断、高2からはバイクであちこち、高校を卒業し上京してからは全国をバイクでツーリングしました。20代になって欧州をバックパッカーとして1ヶ月半フラフラしたり。30代は九州に戻り、阿蘇や四国お遍路ツーリング等を楽しんでいました。

    山はソロが多いですが、長~く歩けると嬉しいなぁ。
    http://goo.gl/4SPJbS

  • 活動エリア:福岡, 大分, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/09/27(日) 18:19

 更新

くじゅう1day17サミッツ

公開

活動情報

活動時期

2015/07/25(土) 06:24

2015/07/25(土) 17:30

アクセス:196人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,606m / 累積標高下り 5,522m
活動時間11:06
活動距離22.91km
高低差592m
カロリー5530kcal

写真

動画

道具リスト

文章

仕事を終えて牧ノ戸に着いたのが午前3時。久しぶりに天気の良い週末なのに、駐車場には車が少ない。台風が近づいているからだろうか。このままじゃ寝不足なので、3時間ほど寝ることにする。スタートは遅くなるけど、日のあるうちには下山できるだろう。

6:25に大曲から入山。大曲Pも車は2台しかない。
雲一つない晴天。寝不足で身体は重いのでゆっくりペースで三俣を目指す。スガモリ手前でサクサク登るオジサンに追い抜かれるが、気にしない。今日は長丁場なんだから。

1座目となる本峰の手前で、同年輩の登山者とすれ違う時に声をかけられた。
「あの~、南峰ってどう行けばいいんですか?」
 本峰から行ってもいいし、Ⅳ峰手前の鞍部から行ってもいいですよ。
「う~ん、本峰から行く道が分からなかったんですよね」
 僕もこれから行きますけど、ご一緒します?

ということで南峰までご一緒した。
この後の直登ルートも同行してよいかとお尋ねになるので、僕のペースで良ければということに。いつもならズルズルの黒土だが、今日は良コンディションなので飛ばし気味に下りる。いや、やっぱり同行者がいたためか、良いとこ見せようとしたのかもしれない。オーバーペース気味になってしまい、コースタイムなら1時間かかる所を30分で駆け下りてしまった。おかげで膝が笑った。これはイカンと、坊がつるの水場で足を休め、ゆっくりペースで大船を目指す。

10:10 大船山頂に着く。
スタートして3時間45分、ほぼ予定通りだが思ったより足が重い。北大船の後は立中山経由で鉾立峠に出るつもりだったが、法華院で大休止しよう。ところで法華院の昼食は断然「牛丼」がいい。カレーと違って、肉はたっぷりだし、生卵も付いている。
しっかり1時間休んで、さていよいよ後半戦だ。

ここでちょっと気になる事が。
法華院から鉾立峠へ向かう登山道に入ってすぐの所に、登高禁止の登山口があるのだが、そこはちょっとした広場になっている。そこにテントが数張りあったのだ。こういうヤミテンは良くない。恐らく法華院にテン場代も払っていないだろうし、ほんの数分歩けば無料のテン場・坊がつるがあるのだから。

鉾立峠から白口岳へのルートは破線ルートで厳しいとされるが、今回はガスもなく気持ちよく登った。ルートは明瞭で黒土もあまり滑らないし、登った分だけ高度が上がる様子は爽快だ。最後の岩場を登り切った時には、今回のワンデイ17サミッツ踏破に確信を持った。

山頂で軽快な姿の二人組と会う。足元はローカットのトレラン風。
反対側から女性の登山者も登ってきた。あれ?ユリさんじゃないですか!
「ぎゃ~ワカさん、なんしようと?今日は来ないって言ってたやん」
そう、今日はツネさんのマイテントデビューのお祝いがあるのだが、行けなくなったと連絡していたのだ。でも事情が変わったので、来たわけです。
「じゃあ、また後で会おうね。ってワンデイ終わって、また登ってくると?」
はい、一応そのつもりです(笑)。
ちなみにユリさんもワンデイ17サミッターだ。

白口から先は稜線歩きだからスピードが上がる。
まずは稲星山へサクッと10分。続いて中岳までホイホイと20分。天狗ヶ城までオリャっと5分。久住山までヨイショと25分、という感じで一気に4座を落とした。

ところで白口で会った二人組と、中岳分岐でちょっとお話をした。
「その靴、スポルティバのゴアサラウンドモデルですよね。どうです?」
 いや~実に快適ですよ。軽いし蒸れないし、足さばきがラクチンです。
「僕もソレ欲しかったんで悩んだんですよね~。くじゅうの縦走程度なら、この手の靴がいいですよね~」
 ですね~。でも非防水のトレランシューズの方がもっと軽くて、汗抜けもいいから、そっちもいいですよね。

さて、残るはラスボス、星生山を残すのみだ。
時間を見ると…う~ん、10時間は切れそうにないなぁ。この後にまたスガモリ越えて法華院に登り返すから、足を残しとかないとなぁ。ということで久住山から星生山までは42分かけて、エッチラオッチラと登る。

16:08 10座目となる星生に到着!
そして17時30分、歩き始めから約11時間後に牧ノ戸登山口に戻ってきた。やった~!1day17サミッターの称号を自分に与えちゃうよ!(笑)。すべての山頂で晴天に恵まれ足や関節の痛みも出ず、熱中症も怪我もなく10座を廻りきれ、僕は高い昂揚と達成感に包まれた…。

あ、でもこれからまた15kg担いで法華院まで行かなくちゃ…。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン