YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

立山三山→二山縦走 マダニに刺された!

こっこさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:夫が単身赴任であちこち行くのでそれに便乗し、押しかけ山女房としてあちこち登っています。

    2014年にYAMAPを知り、おかげでたくさんの人にも出会えました。
    これからもよろしくお願いします(^^)/~~~
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 大分
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1957
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

立山

2016/10/24(月) 22:04

 更新
富山

立山三山→二山縦走 マダニに刺された!

活動情報

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間8時間29分
  • 活動距離活動距離10.77km
  • 高低差高低差765m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,598m / 1,608m
  • スタート05:27
  • 18分
  • 雷鳥荘05:45 - 05:47 (2分)
  • 47分
  • 立山室堂山荘06:34 - 06:47 (13分)
  • 44分
  • 一ノ越07:31 - 07:43 (12分)
  • -
  • 一ノ越山荘07:34 - 07:41 (7分)
  • 43分
  • 雄山08:24 - 09:05 (41分)
  • -
  • 雄山08:30 - 09:07 (37分)
  • 15分
  • 立山09:22 - 09:33 (11分)
  • -
  • 大汝山09:23 - 09:33 (10分)
  • -
  • 大汝休憩所09:27 - 09:35 (8分)
  • 9分
  • 富士ノ折立09:44 - 10:01 (17分)
  • 32分
  • 真砂岳10:33 - 10:35 (2分)
  • 44分
  • 別山11:19 - 11:50 (31分)
  • 20分
  • 別山12:10 - 12:21 (11分)
  • 17分
  • 剣御前小屋12:38 - 12:51 (13分)
  • 1時間5分
  • ゴール13:56
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

7/19~7/21 雷鳥沢キャンプ場テント泊
記録は20日のみ

立山三山縦走の予定が室堂ターミナルの登山指導所で、室堂山から浄土山までは雪道でガスると迷いやすいとの話しで、20日の天気次第に。

19日は雷雨の中、テント受付の横のトイレで雨宿り^^;
雨が小降りになっての設営、夜も雷雨で明日はムリ?よく雷様が鳴っていた。

20日は曇り、キャンプ場から雄山は見えない!浄土山はガスガス!一の越からのピストンも無残に打ち砕かれたけど、安全策だと言い聞かせて雄山へ。観光客が多く、スニーカーで雪渓を行く人もいてびっくり!靴が濡れて冷たそうでした。

雄山の頂上で念願のご朱印を頂き、登山の安全祈願のご祈祷をしてもらった。かなり並んだ甲斐もあり、一番前でのお祓いと御神酒を頂き、良いことがありそうな予感!

大汝山までは少し岩場が有りますが、急に登山者も減って心配な所はゆっくり行けました。ここが立山連峰の最高地3015メートル。
富士の折立はスルーする人が多いのですが、山頂までの岩場を登って行くとガスも晴れて室堂が遥か遠くに。ここから一気に下る。あーせっかく登ったのに。

真砂岳の大走りはエスケープルートにするには、雪道で大変そうです。今日はガスで道がわからない。ここから登り返して別山神社の社がある別山南峰へ。ここで昼食を取り、北峰へ。
北峰は私達だけだったので、ドーンと剱岳が雲の合間から現れてテンション上げまくり!後ろ髪を引かれる思いで下山です。

剱御前小屋からの雷鳥坂はガレ場の浮き石が多い夏道を行きます。雷鳥沢キャンプ場が見え始めましたが、苦手な浮き石に気を抜けず、最後に雪渓を下る時にやっとホッと一息。軽アイゼンを持って行ってましたが、使わないですみました。

雪渓の途中からまた雨が降りだし雨具に着替え、雷鳥沢キャンプ場に到着したら速攻雷鳥沢ヒュッテのお風呂へ。このキャンプ場は周りの山小屋の温泉に入浴できるので、冷えた身体を暖められます。お風呂から上がると雨も止み、夜は星空が見えました。

「浄土山」「雄山」「別山」が霊山としての立山三山らしいのですが、二山縦走も達成感で満足でした。
とりあえず雄山から別山までは縦走したしね。

21日は晴れてしっかりテントを乾かせました。終わりよければすべて良し!

19日に室堂ターミナルで、昨年北岳肩の小屋でお隣だったアイちゃんご一家とバッタリ!こんな偶然も有るものかとびっくり。更にキャンプ場でもまさかのテントが隣!昨年五歳で北岳に登ったアイちゃん、来年はもっとたくましい山ガールになってる事でしょう!またどこかで会えるといいね!

付け足し・・・<マダニ事件>・・・

実はツレがマダニに食いつかれました!

室堂からの高原バスを降りて、美女平でケーブルカーを待っているときツレが「なんか脇腹刺された!」と言って…
めくってみると、ヤツがいました!頭がくいこんでいます!
多分ザックを下した時についていたのだと思います。

ツレはパニックになって私に「取れ!」といいます。私も何かで取ってはいけない、って聞いたよな!と思いながらもあまりのおぞましさに、ティッシュでつまんで取ってしまいました。
マダニは残したらいけない!というのは何となく覚えていたので、残らないように必死でつまんで取りました。
めちゃくちゃ固くて、残らないようにとるのが一苦労。気持ち悪いし~(TT)

立山に着いて消防署に電話し、富山の救急病院を紹介してもらったので、直行!
診察してもらい塗り薬と抗生物質の飲み薬を処方されて無事帰還いたしました(^_^;ダニの残骸は残ってなかったそうです‼ホッ(^_^;)

後で調べたら、やっぱりマダニは取ったらダメです。絶対に!

このマダニ事件以降、必ずムシペールαを持ち歩くようにしています。

このマダニ事件を載せようかどうか迷ったのですが、来年にむけて山に行く時の参考になればと思い、恥ずかしながら載せました(*_*;

熱に弱いからタバコの火を当てたらいいとか、グリセリンをマダニに塗るとか、ネットで調べると色々かいてありますが、何もせずに病院へ行くのが一番です!!

みなさんもマダニにはご注意あれ!絶対取ったらだめですよ~!!



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン