YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雨の大山、登りやすくて、冬も行こうと思います。

minoryさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:ある観光地の一泊旅行で、土産物とグルメばっかりなことに飽きて、旅の荷物かついで江戸時代の石畳を10キロ近く下ったのをきっかけに、歩く楽しさに突然目覚めました。
    基本は日帰りで、友人4人くらいで声かけあって、あちこち登っては温泉andビールで楽しんでいます。
  • 活動エリア:東京, 神奈川
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1975
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/05/27(金) 07:39

 更新

雨の大山、登りやすくて、冬も行こうと思います。

公開

活動情報

活動時期

2015/10/11(日) 08:38

2015/10/11(日) 14:18

アクセス:180人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 996m / 累積標高下り 1,007m
活動時間5:40
活動距離6.62km
高低差937m
カロリー2128kcal

写真

動画

道具リスト

文章

朝から雨。
メンバー4人の予定が、急遽2人が欠席となり、2人で念願の大山に向かいました。
連休真ん中だから、こむのかな?とケーブルカー始発の前の時間に到着を目指したところ、ガラガラ。
雨だから?早かったから?
ケーブルカーを見ることなく、坂を登っていく予定だったので、ひとまず小雨の中歩きました。
もちろん選択は、男坂。体のエンジンかけるには、急坂などでの動きが一番ですもの。
…と意気込んだはいいけれど、かなりきつかった!途中何度も足が止まりました。
途中では大きなカエルに出会い、鹿に出会い…。

下社に到着したら、お茶屋さんのお姉さんが「お水飲みな」と軒下に座らせてくれました。
やさしい〜。「男坂からきたの?がんばったね〜」と労いもいただき、心身ともに癒やされた。

体もあたたまってきたので、登山口でお祓いして、表参道の階段を登り、登山スタート。
ここからの坂道は、男坂に比べれば、なんてことなくて、岩の転がる坂道がとても楽しいです。
途中途中で、雲が流れて見える景色が、幻想的でした。
ドーンドーンという地響きのような音が聞こえて、雷?地震?何??と驚きましたが、
トレランのお姉さんから「自衛隊の演習なんですって」と教えてもらって一安心。

雨はほぼあがって、霧がかっているので、空気はしっとり澄み切って気持ちがいい。
山頂には予定よりも1時間弱早くて、人もまばら。
さっそくバーナー使ってスープを飲み、体をあたためました。

下山の方向は、天気次第だと思っていたので、この時点で方向を相談。
結局、予定どおりに、日向薬師方面を目指すことにしました。
下り途中は、相模湾まで見渡せる景色が一望でき、後から降りてきた人たちとも「来てよかったね」と
感動を共有することができ、ちょっと嬉しかった。

そのまま順調に見晴らし台を経由して、日向薬師までおりることができました。
最初に車道に降りて、下山!と思ったら、石雲寺への山道をもう一度下るので、道間違いのないよう注意したほうがよさそうです。
クアハウス山小屋にて、お風呂をいただいて、岩魚の刺し身と鹿肉の味噌焼きで乾杯。

久しぶりに1000m越えで、いい登山でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン