YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

風師山(かざしやま)

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり






  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

風師山

2015/10/14(水) 11:20

 更新

風師山(かざしやま)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/14(水) 11:16

2015/10/14(水) 11:16

アクセス:295人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間0:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

もし、花尾山のテッペンであの男性と話してなかったら
もし、散歩中の夫婦に指差されなかったら
今日の山道とは出会っていなかった

もし…たら、は人生に存在しないと思いつつも
やはり人との出会いも山道との出会いも奇跡的だし感動的だ。

まずは小森江駅をめざし、セブンイレブンでうんこをして、子供の森公園をめざした。
小森江口という交差点に風師山登山の道標がチラリと見えたのが幸いし、公園の駐車場についた。

バックパックを背負って歩きだしたら、散歩中の犬が寄ってきたりしたが、たまたま出会った夫婦に「風師山はどれですか?」と聞いたら、あれが風師山で、こっちが矢筈山と指で教えてくれた。

隣にいた奥さんが「桜が咲いとるよ」と一本の桜を指で教えてくれた。

旦那が、俺の山歩きファッションを上から下までジロリと見て、俺がmont-bellに身をつつんでいたから、熟練登山家と間違われたのは明らかだった。
「こっちは坂が急できつかばってん、あんたならこっちがよかばい。あっちは楽ばってんおもしろなか」

旦那が教えてくれたのは、小森江コースという山道だった。(山と渓谷社刊福岡県の山には点線で示され、ド素人初心者の俺が絶対選ばないコースだった。

あの夫婦には感謝感謝だ。

花花に招かれている風師の森

とにかく赤や黄色や紫や白や黒(木の実)や蝶々が迎えてくれる山道だった。

GPSをONにせず歩き始め、最初の休憩で気づいたのでスタート地点が小森江コースの中間あたりからである。

風頭山の活動日記に軌跡図はある。参考になるかならないかはわからないが、参考にしてください。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン