YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

棚田vs釈迦ヶ岳 どっちがウィッシュ?

masazyさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:春夏秋冬…自然の織り成す風景、山に秘められた歴史と文化に興味があります。以前はコースタイムと競うように登った時期もありましたが…。百名山が登れたらいいなあと遠い夢を見ています。写真は白馬岳でのブロッケン現象。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:1949
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

英彦山

2015/10/14(水) 22:04

 更新

棚田vs釈迦ヶ岳 どっちがウィッシュ?

公開

活動情報

活動時期

2015/10/14(水) 09:01

2015/10/14(水) 15:40

アクセス:226人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,239m / 累積標高下り 2,265m
活動時間6:39
活動距離13.32km
高低差616m
カロリー3660kcal

写真

動画

道具リスト

文章

棚田、釈迦ヶ岳…どちらもウィッシュ♪♪
快晴に誘われ、先の英彦山に続き釈迦ヶ岳へ。JR筑前岩屋駅よりスタート。雲ひとつない穏やかな日、稲刈りの終わった棚田、郷愁を誘う日本の原風景で登山口までの一時間余りは長くなかった。トンネル横の登山口よりいきなりの急登。 まもなく大日ヶ岳と釈迦ヶ岳の分岐点に。左へ大日ヶ岳へ進む。 さすがに英彦山~宝満山の峰入り古道だ!! アドベンチャラスな岩尾根など尾根道を3回ほどアップダウンを繰返し、やっと頂上に! 眺望はなかったが達成感がそれまでの苦労を補ってくれた。小休止後、来た道を戻り分岐点へ。そこから、かなりの急登で登り一辺倒!! 途中落石があり止まらずかなり落ちていった。今日は誰とも会わず独占状態で人が居たら…?とゾッとする。やがて、見晴らしの良い釈迦ヶ岳の頂上に! 右から阿蘇山、くじゅう連山、英彦山(南岳、中岳だけで、やはり三峰あっての英彦山だ)、馬見山…とパノラマは見飽きない!! 軽食後、登りと違う下山路を選んだが、入る人が少ないようで踏み跡も薄い。ただし良く整備されていてテープもしっかりし迷うことはかった。そして突然、10㎝位の落石が向かってきて1mほど横を落ちて行った!! 落石を2回見るなんて…人気の少ない山には気をつけよう!!…いい勉強になりました。 清水が美味しく駅横の給水所には遠方から給水に来ていました♪

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン