YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出来山(藪漕ぎ)

あまかつさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:yamapで山が好きになりました。
    yamap最高。59山旅愛好。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

寧比曽岳・筈ヶ岳・出来山

2015/10/19(月) 20:52

 更新

出来山(藪漕ぎ)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/18(日) 09:19

2015/10/18(日) 14:38

アクセス:227人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,598m / 累積標高下り 1,518m
活動時間5:19
活動距離14.64km
高低差240m

写真

動画

道具リスト

文章

すみません、藪漕ぎしました。
藪漕ぎしなければ、3時間くらいで戻ってきたと思います。

今日は天気が良いのにもかかわらず、出来山に登ってしまった。
段戸湖には釣りをする人がたくさん来ていた。
段戸湖の隣に段戸裏谷原生林があり、もみ、ブナなど奥に入れば入るほど気持ちのいい場所だった。
自然観察道がいろいろあって、少し間違えたが、原生林から林道に戻り五六橋を渡って少し進むとトイレのある寧比曽岳との分岐に着く。まっすぐ進んで、ずうっと林道を進む。菜畑林道の分岐を通過し、牛渡橋を通過、牛渡林道を進んで、T字路を左へ、ここからはアスファルト。結局、頂上までほとんど登りのない林道だった。
頂上には年配のグループが先に着いていて、お弁当を食べていた。
展望はないと思っていたが、本当になかった。こんな天気のいい日にくる場所じゃないなと思った。
T字路まで戻って、展望を探して右の方の舗装されてない林道を進んでみた。
だいぶ進むと少し開けた場所があり、南の方が少し見えたが、山の形から平山明神山かなとも思ったが、写真を見たらそうでもないかも。
林道をさらに進むと終点になってしまった。でもピンクのテープがあって、その先に沢があった。
沢を登っていくとさらにピンクのテープがあり、足跡を追っていくと、けものみちみたいに下の方だけ踏み跡があって、上の方は藪だらけとなった。やけくそで進んでいくと、いよいよ踏み跡もわからなくなり、ヤマップでもう少しで稜線にでることが分かったので、藪だらけの中を上の方へ向かって進んだら、ピンクのテープが見つかって、その先に工事中の林道があった。
そこから林道を通って下り、途中でもう一度林道を外れて杉林の中を抜け、東海自然歩道に出た。そのあとは東海自然歩道を通って段戸湖へ戻った。
展望がなかったのが悔しくて、車での県道33号の帰り道、「伊勢神高原」の看板があったので、そっちに行ってみるともう営業していない「いこいの村愛知」に着いた。「昔ここで松茸料理を食べたことがあったな」と思いつつ、展望を求めて展望台に登ったが、荒れ果てていて、よく見えなかった。
そんな、こんなの一日でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン