YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

清水峠~朝日岳~宝川温泉

mina42さん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:1942年生まれの爺です。
    山歴は長いです。何十年か?
    山は四季問わず。岩、沢も経験、岩は好きですが怖いので今はやりません。
    最近は道のない山を選んで登っています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1942
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2015/10/19(月) 23:06

 更新

清水峠~朝日岳~宝川温泉

公開

活動情報

活動時期

2015/10/19(月) 06:29

2015/10/19(月) 23:06

アクセス:110人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,226m / 累積標高下り 1,472m
活動時間16:37
活動距離7.69km
高低差792m

写真

動画

道具リスト

文章

清水峠からジャンクションピークが大変だ、ここを過ぎると朝日岳まではなだらかな道を行く、途中から木道になる、朝日岳へは宝川温泉への分岐に荷物をおき5分ほどで行ける。山頂では360度の眺望で谷川岳や巻機山などが見える。今日も晴れ模様だ。
分岐まで戻って宝川温泉へのコースに入る木道を下ると3分で水場に出る、水がは枯れることがあるということだが今日は手のひらで水を受け止めると直ぐ飲める程度流れている。
この先には露岩帯があり斜めの露岩の上を渡って行く、登りは問題ないと感じるが下りはチョット危ない感じがした。
露岩帯を過ぎると急斜面の樹林帯が続く、かなりの傾斜だ、足元には落ち葉が重なって土が見えない下りなのに登りと同じくらいの時間が掛かった。
傾斜のある道をまだかと歩く事1:40(エリアマップで1:10、登り2:00)で大石沢に着く。
大石沢で休憩、今日は暑く水分を要求する水が少なくなって来たので水を補給。
このあとは広河原、渡渉点と楽観的に考えていた、ところが広河原まではアップダウンと道のいたる所が泥状態泥にまともに入ると足のくるぶしほど埋まってしまう。2度足を泥へ入れてしまった。ここも距離以上に時間が掛かった。
次は渡渉点で水がどの程度あるか、裸足で渡らなければならないか、渡渉点に着くと渡れそうな場所を探したが飛び石で渡れそうな場所は一か所しかない、最初は岸から大石へ飛んで渡った、最後は大石の手前に水没している石があり茶色で滑る感じの石だったがこれに足を置かないと渡れない、ストックを2本を川にたて支柱にして足を水没している石に置く水は靴の上を流れている、滑りをシッカリ確認してから対岸へ渡った。
水があと5cm程水かさがあれば靴を脱いで渡る事になっただろう。
渡渉点から林道終点までエリアマップで1:05、ここを過ぎれば林道歩きと思っていた、確かに林道終点からはそうだが、渡渉点からは大変な道だった、この道は宝川の左岸付けられた川の高巻き状態でいきなりロープが現れた、登るとまた下る(ロープがあったりなかったり)そして斜面に道が付けられて川まで見通せる落ちるとケガでは済まない感じ、これが何か所も続く平らな所は泥道でまともに歩けるところはない状態エリアマップで1.5Km程度で1:05、私は1:22かかった。
林道終点からは長い林道を歩くだけ、林道崩壊地手前に軽トラが1台、その先広い場所にライトバンが1台止まっていた、宝川林業試験地観測所のゲートを右側からすり抜けて宝川温泉へ着いた。
もうこのコースは二度と歩く事がないだろう。
宝川温泉へ入る時間もなくバスへ乗った。
なお、渡渉点の手前でスマホの電池きれでGPSがそれ以降記録がありません。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン