YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

彷徨の旅(百名山11座目)(丹沢山・塔ノ岳・新大日)

ふるふるさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:紅葉狩りでたまたま登った山頂からの眺望(2013年11月)と清々しさ!老後の楽しみで始めました。今は相棒との登山と孫娘が趣味です!
  • 活動エリア:山梨, 東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1952
  • 出身地:長崎
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2015/10/25(日) 15:39

 更新
神奈川, 山梨

彷徨の旅(百名山11座目)(丹沢山・塔ノ岳・新大日)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/24(土) 05:06

2015/10/24(土) 16:28

アクセス:375人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間11時間22分
  • 活動距離活動距離23.87km
  • 高低差高低差1,545m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り3,680m / 3,417m
  • スタート05:06
  • 1時間51分
  • 駒止茶屋06:57 - 07:04 (7分)
  • 18分
  • 堀山の家07:22 - 07:27 (5分)
  • 54分
  • 花立山荘08:21 - 08:40 (19分)
  • 32分
  • 塔ノ岳09:12 - 09:26 (14分)
  • -
  • 尊仏山荘09:13 - 09:27 (14分)
  • 1時間11分
  • 丹沢山10:38 - 11:14 (36分)
  • -
  • みやま山荘10:39 - 11:14 (35分)
  • 1時間0分
  • 尊仏山荘12:14 - 12:25 (11分)
  • -
  • 塔ノ岳12:15 - 12:27 (12分)
  • -
  • 日ノ出山荘12:25 - 12:28 (3分)
  • 22分
  • 木ノ又小屋12:50 - 12:51 (1分)
  • 8分
  • 新大日茶屋12:59 - 13:04 (5分)
  • -
  • 新大日12:59 - 13:04 (5分)
  • 9分
  • 書策小屋13:13 - 13:16 (3分)
  • 4分
  • 行者ヶ岳13:20 - 13:22 (2分)
  • 1時間33分
  • 作治小屋14:55 - 15:02 (7分)
  • 1時間26分
  • ゴール16:28
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

【快楽は常に来るものと思うな、常に去るものと思え by アリストテレス】
①”かじやまさん(YAMAP)”にご教示頂いた蕎麦屋の隣りの駐車場目指して5時過ぎに到着
(800円:リーゾナブル)。初めての本格的なヘッドライトを使用し、5:30頃にスタート。
 真赤な太陽に迎えられ、山頂コーヒ用水を頂き快調!
②見晴らし茶屋を過ぎた頃より、永遠と階段と木道が続くが、新大日・行者ヶ岳・三ノ塔(?)
 右手に、左手には富士が見え、堀山の家では雪を頂いた富士と紅葉(まだまだかなあ?)。
③まだまだ、続く階段・・・、9:30に塔ノ岳に到着、人はまばらで富士をバックにバッチリ
 の写真!ここで、相棒との協議・・・・これが裏目??。
④丹沢山への追加が決定!
 いざ出発(9:45)、丹沢湖に注ぐ玄倉川と背後の富士山・周辺の紅葉と熊笹、素晴らしい
 眺望に巡り合い、辛い登り下りも苦にならず!丹沢山到着(10:50)。
⑤昼食を済ませ、11:15に駐車場目指し出発・・・・!
 塔ノ岳は一寸した遊園地のような混雑!ガスがかかり富士山も今一つ(午前中ゆっくり
 していて正解)。早々に出発(これが不幸の始まり・・・)
⑥方向的にも他の下山者から、全く疑いことなく下山路を・・・・、何か違うなあと、
 思いYAMAPチェック・・・、三ノ塔方面への下山路に・・。
 結局、急坂の政次郎屋根と水無川に沿った長~い砂利道を下る羽目に!
⑦やっと、16:00に秦野戸川公園に架かる吊り橋が見え、ほっと、ソフトクリームを食べ
 へとへとで帰路・・・
(東名&首都高の渋滞を覚悟したが、予想に反し、順調に・・・。20:30無事帰宅、
 風呂とビールに満足!! 17時間30分お互いお疲れ様でした!
【駐車場】
 ”かじやま”さん、貴重な情報、ありがとうございました。
 無事駐車場到着しました。
 5時というのに10台程度の車が既に!
【登山状況】
 朝早い登山で、誰一人として追い抜くことなく。
 先を譲った方ばかり(ただ、我々が遅いだけ??)。
 丹沢山の下り時に、すれ違った方の一言、『かなり距離がありますね!』や
 『日帰りですか?』等から判断すると、山小屋一泊で【蛭ヶ岳】までを踏破するのが
 一般的なんですかね?
 *政次郎屋根からの下りはかなり”しんどい”、特に、戸倉まで戻るのは??です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン