YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

多摩の里山ウオークでリハビリ完了?

wanderさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:登山歴だけは長いのですが、いつまで経っても万年中級者のまま。経験値の向上よりも体力の低下のスピードが上回っているからなのか?
    一昨年前までは北海道の山をポチポチ、関東に戻ってきてからのここ2年は丹沢や奥多摩、箱根、山梨方面の山をポチポチと楽しんでいます。
  • 活動エリア:神奈川, 東京, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

多摩・よこやまの道

2015/10/28(水) 11:41

 更新

多摩の里山ウオークでリハビリ完了?

公開

活動情報

活動時期

2015/10/25(日) 11:23

2015/10/25(日) 15:08

アクセス:123人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 854m / 累積標高下り 856m
活動時間3:45
活動距離9.85km
高低差85m
カロリー2443kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今回は、東京の町田市の多摩丘陵をつないで歩きました。
この界隈、都市化がどんどんと進んでいる地域なのに、田畑や古民家、旧街道の面影等、まだまだ里山の風景が残っていて、気軽に歩くにぴったりの魅力的な場所です。
個人的にも、前回の鎌倉アルプスと今回の多摩丘陵ウオーク(記録は取らなかったので活動日記は省略しましたがその間には三浦半島ウオークも)で、ようやく「歩く」感覚が戻ってきた感じがします。これでリハビリ完了かな?

さて今回は鎌倉街道の「別所」を起点に「小野路宿」まで歩き、「小野路宿」から再び丘陵地帯を歩いて「小山田緑地」へと抜けるルートを歩きました。
以下ポイントを。

・今回歩いたルートは、「NPO法人みどりのゆび」が発刊している「多摩丘陵フットパスマップ2」を当日朝に書店に立ち寄り購入し、利用しました(ついでに「まちだフットパスガイド2」も購入しましたが、今回はこちらは使用せず)。

・軌跡を見て頂くと解りますが、スタートしてしばらくは同じところをグルグルしていますが、これはGPSのエラーとかではなく、本当に同じところをグルグルしてしまったため。こうした里山はやたらと分岐があり、まめに地図を見つつ現在位置を確認しながら歩かないと、こういう羽目になってしまいます。もっとも予定と違うところを歩いて思わぬ場所にたどり着けるのも、こうした都市部の里山の面白さではありますが・・・。さすがに途中から反省し、以降は地図を確認しながら歩きました。なお以降でところどころ「行っては戻る軌跡」がありますが、これらはあえて分岐を寄り道しつつ歩いたためです。

・小野路宿は古が感じられる建物はほとんど残っていませんが、それでもなんとなく風情が感じられる集落です。この集落には「小野路宿里山交流館」という古い旅館を改装した施設があり、ここで簡単な食事を摂ることもできます。今回は素朴な味わいの小野路うどん(550円)をいただきました。付近に飲食店などはないようですので、貴重な存在と思います。ここで簡単な無料の観光マップを入手することもできます。

・小野路宿から先は歩いたことがある場所でしたので、個人的には新鮮味には欠けましたが、ここから小山田緑地に掛けての丘陵地帯は展望の良い場所も多いので、楽しめる場所と思います。前回この界隈を歩いたときは水田の周りに彼岸花が、今回はコスモスの花が印象的でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン