YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

日々山歩(ひびさんぽ)・3

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり






  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

立花山・三日月山

2015/10/26(月) 19:49

 更新

日々山歩(ひびさんぽ)・3

公開

活動情報

活動時期

2015/10/26(月) 19:49

2015/10/26(月) 19:49

アクセス:307人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間0:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

非日常的な山歩きや旅が人生の主役ではない。
日常のなんでもない平凡な営みの積み重ねこそが主役なんだな。

本末転倒のような人生を否定はしないよ。
その人が選んだ道だからね。
僕は超低山を歩きながら、昔の人たちの山岳信仰とか樹木信仰などを肌で感じている。

これらは宗教などという狭い世界観ではなく
人が自然界のなかで生きてくなかで、人間の力の及ばぬことを認識したものだけが、この信仰心とであったのだと思う。

結局は日常の一つ一つの言行想(げんこうそう)が問われているのである。
高い山だ!眺めのいい景色だ!美味しい食事だ!遠い国だ!などは、個々の気持ちのありかたでどうにでもなるんだ。

思考はエネルギーなんだ。
思想もエネルギーなんだ。
山を歩くのは思考と思想のためだ。
その思考思想の根底には愛がなければ意味がない!

山を歩くとは愛をその環境から学ぶこと。
山を歩くとは愛を放射すること。
山を歩くとは愛の中に身を置くこと。
山を歩くとは愛という試練に耐えること。

かなりいい加減なことを真面目に真剣に書いてみたよ。
こういう日々山歩だって、あっていいんだって。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン