YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

砲台山(ほうだいさん)

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、忘却
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり
    目標=3年間山歩きをつづけるつもり
    単独超低山超無名山歩き愛好家のつもり





  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

足立山・戸ノ上山

2015/10/28(水) 13:41

 更新

砲台山(ほうだいさん)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/28(水) 07:38

2015/10/28(水) 07:38

アクセス:173人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 3m
活動時間0:00
活動距離10m
高低差3m

写真

動画

道具リスト

文章

標高442mの通称砲台山は、第二次世界大戦中、軍都小倉の市街地と昭和19年9月1日に開港した旧陸軍の曽根飛行場(戦闘機基地)く現在の北九州空港>を敵機から守るため、高射砲陣地が築かれた。今でも、砲座跡や宿舎跡と思われる煉瓦積が 林の中に残っている。


こんな過去の歴史は知らずに砲台山にたどりついた。
足立山と砲台山の分岐点までが、結構予想以上にきつかったので、砲台山の標識からの道はイヌシデなどの樹木にたちどまりながら、癒される山道だった。

頂上近くは赤土で、石灰岩のような白い模様のある石が地面から出ていて、ミニ平尾台的な感じだった。

山の名前からも大砲や戦争がイメージできたが、戦争をしたのは山ではない。戦争をしたのは、しているのは、したがっているのは、われわれ人間だと石に腰かけ、頭が哲学的になっていった。

個人的には砲台山のテッペン、嫌いではない。好きである!
竹藪の隙間から見える風景がどこなのかもわからなかったが、あの見えにくい眺望も好きである!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン