YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

東の燈明岳を散歩

いかポンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:登山歴は数年、アウトドア歴は10年以上。
    主に平日の日帰り。
    主に金剛山地。大峰山脈、台高山脈。 低山を探検するのも楽しんでいます。
  • 活動エリア:大阪, 奈良, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

槇尾山(槙尾山)・八ヶ丸山・岩湧山

2015/10/29(木) 13:58

 更新

東の燈明岳を散歩

公開

活動情報

活動時期

2015/10/29(木) 11:22

2015/10/29(木) 12:25

アクセス:284人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 291m / 累積標高下り 277m
活動時間1:03
活動距離2.59km
高低差201m
カロリー724kcal

写真

動画

道具リスト

文章

昼の時間の隙間を見つけて、展望台があることだけ知っている燈明岳をお散歩。紀泉のもう一つ燈明岳があったような気がするので、そちらが西の燈明岳なのかもしれない。

かなりの廃れていたが、静かな山行きが楽しめる。基本は舗装林道だが、脇道が沢山あった。おそらく蛇行する舗装路のショートカットの道がほとんどだと思う。道は若干荒れてはいるが問題ない。危険箇所もない。

以前初夏に蔵王峠に行った時に、道端に蛇がいたことが印象に残っていた。さすがに今回は季節的にいないだろうと思っていると、山頂に微動だにしない子マムシが鎮座していて、気持ち悪さのあまり鳥肌がたった´д` ;岩湧山、南葛城山、燈明岳は夏は遠慮しておこう(−_−;)

展望台はひっそりと、若干朽ちかけており寂しげであった。和歌山方面が見渡せるはずだが、整備もあまりされていないのか周りの木が邪魔で視界は狭かった。そのうえガスっていて微かに和歌山方面が見える程度だったのが残念。

少し和歌山側の串柿の里というところがあるみたいだが、今回は時間がないのでパスした。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン