YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

荒島岳 

はっちゃんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2011年、富士山、木曽駒ヶ岳、立山連邦などから、登り始めました。
    2012年に、標高ベスト5まで、登り、その時の、北岳から、間の岳縦走に、稜線歩きの魅力にはまり、槍ヶ岳の山頂では、360°の山陵と、東西南北に連なる、縦走の道にひかれました。
    2013年には、穂高のつり尾根
    2014年には、表銀座から、大キレットを歩きました。
    山を始めたのが、51歳で、週に1回登っていましたが、今は、家族の状況などで、月に、1回となり、ガシガシ登ることは、できなくなってしまいましたが、これからも、神々しい山々の景観に、心震わせる感動できたらと思います
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

荒島岳

2015/10/30(金) 15:54

 更新

荒島岳 

公開

活動情報

活動時期

2015/10/29(木) 07:55

2015/10/29(木) 14:04

アクセス:409人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,837m / 累積標高下り 1,832m
活動時間6:09
活動距離9.26km
高低差1,184m

写真

動画

道具リスト

文章

深田久弥氏が、幼い頃から、親しんだという荒島岳
約2000年前に、カルデラ火山が、九頭竜川に侵食されて残ってできたとか、
白山と同じく信仰の山で、山頂には、祠があります。

先日、白山が冠雪していることをヤマップで知り、ヨッシマンさんの、投稿を思い出して、今回の荒島岳登山となりました。
駐車場まで、とても、道路状況がいいです

登山道は、わかりやすく迷うことは、ありません。

駐車場からしばらくは、夏なら暑い、日陰のないコンクリートの道を歩きます
その次は、砂利道
砂利道を登り切ると広場があり、ブナ林の中を、落ち葉を踏み踏み、歩きます。
NHKの百名山の番組でも取り上げられた、トトロの木など、個性溢れるブナの木々、植生は多彩で、飽きません。
根っこの道もあります。
階段も、多いですよ。
登山道には、2/5とか4/5とか、あと⒉キロとか表示されているので、励みになります。
今日は、曇り予報  降水確率30%
念願の白山は、眺めることはできませんでしたが、白山ベンチに、白山方面の写真があり、ここで、晴れていたら("^ω^)・・・と空想しました。

難所としては、もちが壁という場所がありました。
滑落注意の大きな看板があるので、すぐにわかります。
前穂高の重太郎新道とか、大キレットの飛騨泣きのように、危険な所が、長く続くわけではなく、梯子が、2箇所…
でも、油断大敵です。
足元がぬかるんでいるので 慎重に通過しました。
雨がひどく降り出したら、怖い場所です

山頂に近づいてきた頃、ガスの中に入り、風も強くてダウンを着ました。
ここで、失敗💦
こんなに、寒くて、避難小屋もないのに、お湯を入れて15分も待つ、ドライ山菜ごはんに、あおさんが、
お湯を注ぎました。
とても、寒いので、タイマーが鳴る前に 食べ始めます。
ネックウォーマーも装着
寒い季節は、もっと、素早く、食事をとるか、少し下山して、食べた方が、いいな・・・と思いました。
下山時、コンクリートの道まで来たとき、足が張りそうだったので、後ろ向きで下りていきました。
体重がつま先や、太もも、ふくらはぎにかかることなく、心も子供のように弾み、足に優しくて、楽しくなります。

私たちは、4回休憩してゆっくり登り、6時間くらいでしたが、トレランの方なら、4時間きる方も、いらっしゃるそうです。

名古屋から、車で、3時間くらいで着くので、日帰りできます。
晴れた日は、白山だけでなく、穂高岳や、槍ヶ岳、御岳山も、見渡せるそうです。
5月の残雪の頃、また、登りたいな~と思います。

帰り道、平成の湯 で、さっぱりして帰路につきました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン